心の森

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
つまらぬニュースが・・・・

最近、テレビを見ても新聞を見ても悲しい話が多すぎますね。
こんなにも美しい地球の上に生まれることが出来ただけで
本当は幸せなはずなのに・・・・・

世界の何処を見ても、自分の周りには
家族と呼べる人たちや国家民族が、地球の上にはひしめいているのにね・・・・・

僕は、海や川の上の眩しい照り返しの乱反射を見るのが好きです。

大きな光だけど、それは小さな無数が集まったもの
全部が飲み込まれるのではなく、良く見ると
それぞれ一つ一つが違う光で、寄り添い合って構成している巨大な光

ぼくも年をとったのかな?
いつの頃からか、この光を見ていると、
心の中で泣いてしまいます。
「こんなに世界は美しいのに・・・・」と

お隣の国と、仲良くなれないのかな?
お互いの国民感情はあるし、僕も子供のころは、どこかで見下げていたけど
でも全部、僕らにこびりついた勘違い・・・・
刷り込まれた優越感・・・・
お互いに何か重い荷物を背負わされている
地球と呼ばれている僕らのお母さんは、何と言うかな?

アトリエでそんなことを考えていたら、いつものように青の声が届きました。
次回、アート作品を作るときは、この思いを込めたいと思います。



「僕らが地球」

大きな手に抱かれ

僕らは声を聞いた

「助け合いなさい」

あなたたちは、家族なのだから

僕らが地球

母の手に抱かれて


胎のぬくもりの中 僕らは声を聞いた

「繋がりあいなさい」


闇が大きいのなら

それは、黒いキャンバスです。

あなたの小さな光で何かを描いてみなさい

闇は、光には、勝てないのですから・・・・・

あなたに、命をくれる者たちに感謝しなさい

無駄にしないように、受け取りなさい

上も下もない

同じ一つの命を分かち合う者達

本当は、

正解も間違いも必要ありません

必要なのは、認め合うことだけ

あなたたちは家族なのだから・・・・


僕らが地球

母の手に抱かれている

1番美しい人の手の中にいる



2010年10月18日(森兵衛に届いた青の声)・・・・・








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このブログ「心の森」よりもさらに10歩進んだ情報が
新しいブログ「心の森+」には満載です!
是非、パスワードをゲットして、
訪問してくださいね!→http://lsa-pangea.jugem.jp/

※閲覧にはパスワードの入力が必要になります。
パスワード所得についての情報は、
こちら→ 心の森+へのパスワードのご案内
http://ranhansha.jugem.jp/?cid=31

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 08:10 | - | - | pookmark |
木漏れ日の住人 どよめき小僧

三本木癸隠娃隠沓

木漏れ日の住人(溶解(ようかい)族)

百笑小僧(どよめきこぞう)




「僕らが地球」 (森兵衛)

どんな時も・・・・

大きな乱反射の中

鮮明な一粒のように

 光っていなければならない

自由でなければならない

あなたが笑う

あなたの分だけ 

星は微笑む

それは 命のパズル

一人一人・・・深き青を描く為

みんな大切 自分であること

僕らが地球



2010年9月30日(心が震えるままに)



| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 07:59 | - | - | pookmark |
2つの姉妹作品

今年になって、三本木のアートタイプの新作が数を減らしたのには理由があります。
それは、あまりにも 強烈なイメージが降ってくるので、
その為、容易には制作できないからです・・・・

アート作品を作る時には、必ず題名とイメージと メッセージというか・・・
言葉や単語が落ちてきます。それら全てをつなぎ合わせることと
木から それを削りだすことが一連の創作活動です。

あまりにイメージが鮮明で強烈で・・・よほどしっかり身構えないと創作できません。
(創作に取り掛かるとき、まるで戦いの場におもむくような 覚悟が必要なんです)
森兵衛アート 行き詰っていないですぞー

より深いところで奮闘中です!

そこで、今日は、最近の作品 百笑シリーズの2つの姉妹(きょだい)作品をチョイ見せです。


・・・まず、1作品目

作品名 「AD・2010」(小さな笑顔)
手の平サイズの小さな小さな作品です。

今日を大切に
何も無い日だったとしても・・。
小さなことに感謝を
当たり前の幸せに
微笑みながら生きていこう
小さな一つを拾い上げ繋げていこう
それは大きな笑顔なる


全てはこの星からただでもらったもの
空から落ちてくる光の粒を全て受け止めてみよう!
この星は、僕らを見ている


笑ってますよー 小さな笑顔です。



・・・2作品目です

作品名:「AD・2110」(地球の顔)
両手で持ち上げないと持ち上がらない巨大な作品です。


僕は知っている・・・・


森・川・海・空
小さな命・大きな命
今日・明日・近く・遠く
光・風・闇・祈り
生きている・繋いで去る
全ての生き物そして・・・・・人
全てが笑う
大きな笑顔

1番確かなもの
揺るがない答
変わらない約束は?

「みんなが笑った日、星は笑う」

AD・2110
宇宙は見る
青い星の大きな笑顔

2010年6月17日  森兵衛

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 08:40 | - | - | pookmark |
宇宙時計(どっくん)

ホームページ「三本木の世界」で、後日 「癸隠娃娃隠機覆匹辰ん)」の
メッセージをブログで紹介します。・・・・とお伝えして
いつの間にか2ヶ月が過ぎようとしていますので、
久しぶりに、「三本木のメッセージコーナー」いってみましょうね。


三本木癸隠娃娃隠機悗匹辰ん(宇宙時計)』

僕の作品で、木の心臓をテーマにしたものは多い
心臓は一つの命に1つ与えられた時計
宇宙の鼓動と共に宇宙の時間を刻んでいる・・・・・
「どっくん」の心臓の球体は、母なる青い星の一欠けらを表現
一つの命の胸に地球の生命パズルの一欠けらがあるんです。
木にも草にも、動物達にも・・・そして人にも、同じものが与えられている
「生きる事には訳があり、死ぬことに意味がある」



一部血管の中が透視できるという設定
血管の中の小さな球体は、宇宙時計が鼓動で宇宙の時間を刻むたびに
全身を廻る この星の意思を表現しています。
答は、人の胸の中にあるということです。



「宇宙時計」

宇宙の時間を刻む鼓動

生きることは祈り
風に舞い 運ばれて 世界に満ちる
空を抜け 大きな手の中に

 美しい人
子宮(おなか)の前で両手を握り
泣いているいるのが
僕には見える

この胸の中の 小さな鼓動
いつか止まる 
その時は必ず来る

僅かばかりの引力を手に入れた僕は
はじめて気付いたんだ
死にゆく事は願うことだと

生きることで、
死んでいく沢山がある

死ぬことで
生きる沢山がある

僕は、生かす者になりたい
宇宙時計が止まる時
乱反射が満ちていくのを見てみたい

ただ、生きること
死んでいくこと
それだけが 本当の祈り

空を突き抜け
あの人がきっと
受け取ってくれる

小さき者の 命の祈りは

必ず届く


2010年 3月  森兵衛



※ブログ「心の森」の情報の著作権は製作者にあります。
個人名の掲載された写真の著作権は提供者にあります。
無断、使用 無断引用は硬くお断りいたします。
このサイトの内容を引用する際は、必ずご連絡をください。(管理人)

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 21:23 | - | - | pookmark |
笑う原始太陽

年始は4日から、三本木の創作を始めました。
1年の初めに描きたくなるのは、今年も太陽でした。

太陽・・・・元旦の太陽は眩しすぎて目のなかに焼き付けることは不可能でした。
僕の天体をテーマにした作品は多いけど・・・・
太陽は、目ではまぶしすぎて見えません・・・
だから、心で感じた太陽を描きます。

作品として取り出すのは、修行のように苦しく時間がかかります。
1月4日から、作業を開始・・・・連日「もうこれ以上は作業できない」というところまで
削りだして、疲れ切った、その後に自分の中の予備エネルギーで「森の種」を製作します。

今年になって、創作のペースが落ちたのはそのためです。

その太陽の作品、本日22日に完成しました。
作品名は(百笑シリーズ)「笑う太陽」

とんでもない大きな作品で、(高さ、345 横145)写真での公開は、今回はここまで、
洞は、百笑シリーズなので、「笑って」います。
全体像は、「ネハンの四万十」と同様、まだ、見せたくないので・・・・
現時点ではお見せしましぇん^^;
Pサミットや展覧会で見に来てくれた人が見るためにある作品です。


            三本木癸隠娃娃娃院 崗个β斥曄

原始の宇宙、 まだ、生まれて間もない この星(地球)を、照らし続けた
原始太陽の、変わらない優しい光に思いをはせながら、
目には見えないものを、見える形(3次元)に変換してみました。

球体は分離させずに、降り注ぐ光のエネルギーの上に一体となっている
完全な削り出しで1体構造で製作しました。
ちょっとでも、力が入り過ぎると、球体が割れてバラバラになる恐れのある作品でした。
無事に取り出せて、良かったー^^;

本当は在るのだけど、また、心の中には存在するのだけど・・・
そのままでは、見えな物 、聞こえないものを
見せたいですね・・・それは結構しんどい作業だけど・・・・
見えないものを見せる・・・それがアートですから・・・・

GENESIS(創世)」

誰かが言った・・・・
「3000円で買える本がある」
「全てそこに書いてある!」

世界の始り、
1・2・3・4・5・6・7、瞬きのような一瞬だった・・・・

終わりはすでに定められ、
かわりに天国が降ってくる
7まで数える一瞬、ドカンと空から落ちてくる
さあ、いっしょに行こう!
「全てはそこに書いてある?」

知りえる事は、わずかなのに・・・・・

太陽が笑った
1・2・3・4・5・6・7・・・
真実は、
永遠のような長い時間、
誰もいない海の上
パズルのような乱反射が満ちていた

大いなる思いをのせて
真空をさまよう、願いをのせて

太陽は、笑い続けた・・・命じられるままに
世界は、産み落とされ
 育てられたもの

知りえる事は、少しだけ・・・・

太陽は今日も笑っている

(2010年 1月  森兵衛)

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 10:15 | - | - | pookmark |
09235アポストロス(使徒):百笑(歓喜)

それは、未来 歓喜に沸く 大きな光のような笑顔の中の
小さな一つの笑顔君を描いてみました。
僕の心の中にはいつもこの子がいます。 この子が未来で待っています。


                           09235 アポストロス(使徒) 百笑(歓喜)

「歓喜…」 
それは明日? 
それは未来 
笑顔が僕らを待っている


それはいつ? 
必ず来る日 
歓喜が僕らを呼んでいる


信じている 知っている もう見えているんだ

空から降り積もる見えない光が教えてくれた


「約束だから」遅くなっても、必ず来る

今、痛いこと、その日のため

大きな歓喜は止まらない

2009・11・30 森兵衛

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 08:42 | - | - | pookmark |
09217 アポストロス(使徒):地球へ(セカイヘ)(青き星の子供達)

 今日は、県の環境をテーマとした
アクション油ヶ淵というイベントに行ってきました。
仕事は進んでいないし、いつもは、はなっから行かないのだけれど、
県の環境保全委員をやっている責任上
仕方なく行ってきました。^^;
(普段は興味が無い)
でもね・・・・・興味が無いことと
招かれている事は別・・・僕は普段から高慢ちきな子なので、
謙遜にね・・・・歩かないといけないですね・・・・

でも、行って聞かせていただいて、本当に良かった(^^)
油ヶ淵という沼の美化活動をしている 安城市の丈山小学校の子供達の発表に
思い切り、バットで頭を殴られたような感動をもらいました。


↑09217アポストロス 地球(セカイ)へ【青き星の子供達】
「産まれるってどういうこと?産み落とすって何の為?」がこの作品
地球へ(セカイヘ)のテーマです。

大人はダメだね・・・・(僕のことですよ)
聞く前から、腕組みをして、小ばかにしてしまう・・・・

やっぱり、子供は凄い!
僕には、この子達の背中に大きな羽が見えました。
僕ら大人が汚した場所を、僕らの子供達が、ゴミ拾いしてくれている
その未来を本当に心配してくれている・・・・
熱い物が心の置くから、込上げて来ました。
丈山小学校の皆さん・・・・
「ありがとう」

この子達なら、きっとやり遂げてくれると思う・・・・


そこで、今日は丁度、子供を題材にした作品を紹介します。


↑09217アポストロス 地球(セカイ)へ【青き星の子供達】の
ヘッド部分には、青き星の子供を刻んでいます。
青い星の子供は、
人のようでもあり、妖精のようでもあり、 背中には天使の羽を持ち、
腰には尻尾を刻み、出来るだけ多くの複合した命を一つの尊い姿として、描きました。
星の子が、胎の中で、小さな地球を握り締め、微笑みながら、母なる星と
交信している姿を描きました。


↑イメージのピントを鮮明にあわせる行為は、創作者にとって
厳しく自分を追い込む行為です。
ピントはあわせればあわせるほど、創作は困難になるからです。

でも、仕方ない!今回のイメージは目で見てきたように
はっきりとしすぎている・・・
だから、逃げないで、真っ向から、刻んでみました。
地球に産まれる未来の子供達を象徴的に描いた胎児が
(小さな地球を抱きかかえ母なる星と交信している姿)
邪気の欠片すらなく、純粋に微笑んでいるように
見る人の心に響いたならば、僕の創作は成功しています。
・・・・どうかなぁ〜 ^^;


(青の声)
聞こえていますか?
私の声がとどいていますか?

もしも、届いているのなら
子供達の羽を守りなさい

儚き青をまとった
まだ若き女の声が

あなたには聞こえていますか?

(2003年の春のある日、アトリエを掃除している時に
ふと、心に感じた声を思い出して記載しました。
※1部はこの作品の創作中に心に感じたままを追記しました  森兵衛)

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 18:12 | - | - | pookmark |
09214 DNA 心臓の中に小さな地球が・・・・・
先日、LSA環境アドバイザーの石川さんから、
三本木のイメージを絵で送ってもらいました。
「この子作ってみてよ!」という依頼です。

1枚の絵に書き込まれた石川さんの心の森のイメージと僕のイメージが混じりあって
2つの兄弟作品が誕生しました。
イメージをつなぎ合うとは、こういうことなんだなーと思いました。

オノヨーコ先生は、以前、こう言っていたと記憶しています・・・・
(部分的に間違っているかも?しれないけど、こういうことを言っていたと思います)

「一人で見る夢は、ただの夢・・・2人で見る夢は現実だ!」 オノヨーコ先生




↑向かって右側が09213宇宙波の奇跡(ソラナミの奇跡)
左側が、09214 DNA

難しく考える必要はないですぞ!
凄く簡単なことです。
全ての人の中に一つずつ これがある!
小さな地球が・・・・全ての命は地球の子供なんだ!
あれこれと悩み迷ったりもする・・・
いっぱい失敗を繰り返す・・でも探してみよう
アンサーは思い出すべきものなのかもしれませんね。
答はきっと、一人一人の心臓の中にすでに存在し、
DNAの中にすべき事は書かれている
生きている限り、胸が鼓動するたびに、それは、
血流と共に全身に流れるもの・・・・
教科書やマニュアルから脱線してもいいと思う
心を覗き込みながら、生きてみるのもいいと思う
嬉しくなれる方へ 光を感じる方へ
勇気と冒険心を持って
信じて歩いてみよう!

全ての人の中に、それはある
地球の鼓動と共に、僕らの胸の鼓動も
宇宙の時間を刻んでいる・・・・

そんな、作品です。

↑09214 DNA
全ての生き物の心臓の中にこれがある!
それは、パズルのピース
猫やカブトムシ鳥や人・・・・
心の目を向けると、それが見えるんだ・・・・

(約束)
一握りの土塊は今、思い出そうとしている
NDAに刻まれた遠い約束を

ここにある ここにいる
鼓動と共に流れている

知っている・・・これからも知りたい
気付いてみたいんだ

ソラに ウミに踏みしめた大地に
無数の1秒を敷き詰めた永遠という空間

全てに
あなたがいる

胸を張っては言える僕では無いけど・・・・
もう一度、愛してみたい

深い青の中にいる人を

美しいセカイに
「ありがとう」を込めて

(2009年10月31日  森兵衛)

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 17:37 | - | - | pookmark |
09213宇宙波の奇跡

この作品のイメージは三本木史初の、合作です。
先日、LSA環境アドバイザーの石川さんから、
三本木のイメージを絵で送ってもらいました。
「この子作ってみてよ!」という依頼です。

いいなー自然では、ありえない形状
でも、心の森には存在する、個性溢れる「その人固有の心の森にある1本の木」

僕もノリノリで創作にチャレンジしてみました。
もちろん、アレンジも含めてね。




じゃ〜ん完成です。


09213宇宙波(ソラナミ)の奇跡

写真では、わかりにくいけど、真横から撮影すると
イラストそのものですよ (^^)

初めて僕以外の人のイメージと僕のイメージをコラボさせた作品です。

いつものように製作中に
心の宇宙から、言葉が落ちてきましたよー「キラキラって」



「奇跡」
忘れてはいけないこと

ここにいる不思議

当たり前の中にある奇跡

全ては
宇宙波(ソラナミ)の中で始まった

思い出そう
DNAに刻まれた

命の約束

(2009 10月23日 森兵衛)

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 10:51 | - | - | pookmark |
09211 アポストロス(使徒)マリア 慈愛

展覧会出展レベルの作品の創作は容易ではありません。
材料がそのイメージに対して、合致していること
こういう作品は製作にも壮絶な体力と日数が必要なので、
製作者(森兵衛)にそれだけの覚悟があるときだけ
決死の覚悟で創作します。

通常このような作品は、ネットでは一切非公開とし、
このような作品には
個展やパンゲア・ライフ・サミット 各地でのプチ展覧会で
会うことが出来ます・・・・・
現時点で、里親は決定しているものが多く
ホームページで販売リストに載ることも
ほとんどありません・・・・(^^)ありがとう!
来年のPサミットに出展する作品ももう僕の手元には
ネハンの四万十しか残っていません・・・・・


うううう〜また、1から頑張って
新作アート個展レベルを創作しまくるぞ!^_^/



昨日、09211 アポストロス(使徒)マリア 慈愛の一部を
このブログに挿絵として、投稿したところ・・・
「全体像を見せて」っと依頼がありましたので、
特別に投稿させていただきます
(※小さい写真しか載せられなくてごめんなさいね


09211 アポストロス(使徒)マリア 慈愛


●里親から、感想をいただきましたので、掲載させていただきます。
>森兵衛ちゃん、こんばんは。
(マリア) 今日届きました。
正直、ビックリするようなインパクト受けました。
 
里親になれて良かった^^
大事に自分の部屋に飾ります。
私の部屋にはいろいろな方がお見えになります。
 
何人の方がマリアの存在に気がつき、興味を抱き、『あの不思議なものなんなのか』
と聞いてくるかが楽しみです。
 
H・M(会社の社長をなさている方です)

これ以上のサイズでのネット公開は無理です。
Pサミットやプチ展覧会には
このような得体の知れぬオーラをまとった三本木や
LSAシミュレーターのLSA作品が集まります。
Pサミット2010の日取りも今月中には決定します。

ぜひ、皆さん、会場に足を運んでくださいね。
それから、マリアのオリジナルメッセージも以下に添えさせていただきました。


 

11人目の使徒「マリア」


戦士はもういない

憎しみも争いも今日終わろうとしている

セカイが終わる日


空を突き刺す火柱の前で

セカイの痛みがマリア(女)に望んだ

マリアは泣いた
全ての痛みを愛に変換する為に

受け入れた痛みの中で

破壊の先に
命を産み落とす
激痛に叫んだ・・・

セカイに向かって





傷ついたその手が命を抱いた

マリアは命じるように祈った

「なくさないように、守りなさい」

今日、終わりの日

始まりの日 

【2009・4森兵衛】



| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 08:16 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE