心の森

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
小さな奇跡が繋がると・・・
日本移植支援協会さまのご依頼イベント無事終了…

臓器移植について考える機会は今まではなかったけど
これからは違います。
とても素晴らしいイベントに招いていただきました。

肝臓移植で命が救われ、生かされているこの瞬間
「何をすべきか?」「ご自分に出来ることは何か」と
日々 真剣に考えながら生きておられる教師の方の、リアルすぎる お話には心が震えました。



生きることはもちろん…自分の命を「生きたいと願う方に」バトンすること…
これからは、ちゃんと考えないとね(^^)


シンガーソングライター 香蓮さんの「大きな木になりたい」
曲名は聞き逃したけど…「おばあちゃんの為に作った歌」
の弾き語り…我慢しても涙がこぼれてしまいました^^;

どうしよう…男なのに泣いてしまった^^;

「命の繋がり」「繋がる命の奇跡」というテーマは
LSA・緑のDNAバンクも同じですね。

違和感なく思う存分LSAの展示が出来たし、不思議なくらい今回のイベントと
LSAは調和していたと感じました。



久しぶりのLSAの展示
チームのみんなが久しぶりに一つの会場に集まって
いつものように手作り感あふれる展示作業となったけど…

うん、「いけてるね」
ぼくらとぼくらの作品が集まると最強だね。

毎度のことながら、そう実感できました。

LSA(ライフ・シミュレーション・アート)は1台1台が、
小さな命の奇跡

それを一つの会場に持ち寄ってつなげ合わせると
何か底知れない力を感じます。


久しぶりにPサミットを開催したくなりましたね。

今度は、Pサミットに、日本移植支援協会と香蓮さんを招きたいですね。

NPO 日本移植支援協会の皆様、「ありがとうございました。」
| 森兵衛 | イベント情報 | 20:10 | - | - | pookmark |
チーム「心の森」LSA作品を展示します!
NPO法人 日本移植支援協会さまからのご依頼をいただき、
協力団体として、LSAの展示および緑のDNAバンクの植樹活動を
ご紹介することになりました。


チーム「心の森」のメンバーが集まってのLSAの展示は久しぶり!


場所は岐阜県犬山市… 日時は8月3日
でも、今回は一般公開は無く、ご招待のお客様のみのご観覧となります。


「えーそんなー 僕も見に行きたかったのにぃー」という方の為に、
最近アトリエに送られてきた
LSAシミュレーターさんたちの、LSAの近況写真を
皆さんにちょい見せしますねー


(※写真撮影の為、シールドを外していますが、もちろん普段は厳重に蓋とシールドを被せて
観察をしています。…LSAでは遺伝子汚染を防ぐためにエコテラ以外のオープン観察は認めていません)



はい!これは、じゅんじゅん君の「風人」地球箱Lワイド作品…

皆さんもおなじみの見たことのあるレイアウトです。

長い間見ない間に、苔がすごくいい状態で育っているねー

小さな、命の小宇宙ですねー


(※写真撮影の為、シールドを外していますが、もちろん普段は厳重に蓋とシールドを被せて
観察をしています。…LSAでは遺伝子汚染を防ぐためにエコテラ以外のオープン観察は認めていません)


今年の春このブログでもご紹介した、大阪の梅影さんのLSA教室でのSワイド作品も

あれから、数か月がたち



(※写真撮影の為、シールドを外していますが、もちろん普段は厳重に蓋とシールドを被せて
観察をしています。…LSAでは遺伝子汚染を防ぐためにエコテラ以外のオープン観察は認めていません)


しっかり土が熟成してきました。

見えないバクテリアや菌が織りなす生態系が土の中に形成してきたので、
苔や植物もこれから どどっっと成長しそうですね。

レイアウトの土の力が写真からも伝わってきますねー

ちょっと長い間LSA展覧会をお休みしていましたが、

その間も、全国のLSAシミュレーターの作品達は

順調に育っているのですねー

そう思うと嬉しいですねー

一般向け公開のLSA展覧会…

そろそろ開催したいですねー  (^^)
| 森兵衛 | イベント情報 | 11:05 | - | - | pookmark |
高浜市エコテラ自然教室2014
高浜市でエコテラ自然教室が開催されました。
ここ数年恒例となりました高浜市役所主催の教室も
今年で、5年目(6年目?)




今年は完全に室内で行う自然教室ということで
野外自然観察が無くなった代わりに、
高浜市の森と市民の係わりや、地域本来の森の再生をエコテラを据えた家の庭や
ベランダから始める、「家の森」についての簡単な講座も行いました。



高浜市の本来の原生林を家の森を繋ぎ合うとこで高浜を町という名の森にしていく
というお話は、エコテラや緑のDNAバンクの活動から生まれた
森を再生させるための独自の概念

子供達には少し退屈だったのかもしれませんね^^;

何年もエコテラやLSAの活動と緑のDNAバンクの活動を並行して行ってきたからこそ

今回、町の中での森づくりの基本概念とLSAというパズルのピースが違和感なく
「繋がった」そう思えるエコテラ教室になったとを嬉しく思います。

少し難しいお話の後にお楽しみのエコテラ制作タイム!



今回は普段の教室よりも、ゆったりと大目に時間をとって
エコテラを製作しました。



きっと大人の参加者も子供の参加者も思う存分エコテラ制作を
楽しめたことと思います。

今日 参加してくれた皆さんの家にエコテラをセットした瞬間に
その家庭から小さな家の森がはじめります。

さあ、家の森をゆっくり始めていきましょう!

そして繋ぎ合わせていきます。


50年後100年後高浜市は町という名の美しい共存の森になっているとおもいます。(^^)


今日参加して下さったみなさん、クワガタさんが来たら必ず報告してくださいね。

「お招きゼリー」が必要になったら遠慮なくアトリエにゼリーをもらいに来てくださいね。

高浜市役所、教室のスタッフの皆さん、

参加者の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

出来れば、また来年もお会いしましょう!




 
| 森兵衛 | イベント情報 | 19:35 | - | - | pookmark |
クリスマスバーベキュー大会開催!

とらおトナカイ様から 皆様へのお知らせでございます。

あ・べりーめりークリスマス バーベキュー大会を開催します。
みなさん、集まってくださいニャー

チーム「心の森」の皆さんは全員集合! チームでない人も集合してニャー



●日時:2012年12月23日 
午後12時30分〜 酔いつぶれるまで(お腹パンパンになるまで)

●場所: 愛知県碧南市鷲塚町7丁目83番

碧南市水源公園バーベキュー広場 F区画

●主催:チーム「心の森」

バーベキューセットとお肉 お野菜は チーム「心の森」が準備します。

苗木ボランティア・エコテラ自然教室ボランティアに参加して下さっている皆さんと

当日午前中に G・BANK 苗木場のボランティアにご参加くださる方は
参加費無料!(ご飯は無いので、個人でおにぎりを持ってきてください)

ボランティア参加はしないで、参加希望の方は、持ち寄り参加ということで
どっちにしろ、参加費は無料で行きましょう!(その方がややこしくないので)

持ち寄り参加の方は…適当にお肉や
ソーセージ お野菜などを すぐに焼ける形に加工してお持ちください。
ビール おちゃけも大歓迎 うい〜ひっく


「さけ〜酒もってこい〜 ういいい〜 ひっく」



参加費は無料ですが、 ががが…
秘密結社の極秘会合なので^^;
会場に入場の際には 大きな声で合言葉を言っていただきます。
合言葉は「あ・べりーめりークリスマス」です。^^;
変身(仮装大歓迎)

※お願い…前もって人数がわからないと準備ができないので
参加できる方は、今週中に 森兵衛アトリエにメールを入れてください。

※食べよう!騒ごう!友達になろう!
唄おう!わめこう! お腹いっぱいになって 酔っぱらおう!

ニャー


| 森兵衛 | イベント情報 | 06:56 | - | - | pookmark |
まったりとした時間

秋の風が吹いて来ると
何だか懐かしさを感じます「あ〜この感覚何なんだろう」

青空の下 今日は森のミステリーツアーということで
午前中は県営油ヶ淵水辺公園のワークショップメンバーと
チーム心の森のメンバーで、原始植生の名残を訪ね 今後の森づくりに関して
考える時間を持つことが出来ました。

やっぱり森は気持ちいいですねー

↑この森…僕が油ヶ淵で一番好きな森の光景です。

記念撮影でみんなが立っているところは、400年前にこの地の人間が
矢作川に手を加えてコースを変えることで 川の堆積物が押し寄せる前は
海の底だった場所…

地球の歴史から考えると400年前なんて つい最近のこと
油ヶ淵の湖沼は海の底で 美しい入り江を取り囲み
見下ろす 照葉樹林が広がっていたことの証拠がここにあります。

ここに来ると 「故郷の森を再生したいなー」って心の底から思うし、
この場所をみなさんにご紹介できるのは大きな喜びです。…

お昼からは前の投稿でもお知らせしたとおり

チーム心の森のメンバーで
愛知県の端っこ 豊橋市にミステリーツアーに出かけました。

まず腹ごしらえをということで
有名な豊順(ほうじゅん)という超おいしい担担麺で有名な中華料理屋さんに直行!


もちろん ご注文は全員担担麺セットです。

ピリッと辛く ゴマの効いたクリーミーなスープは癖になりますねー
豊順は超有名なお店なので、インターネットで検索しても
すぐにヒットしますので、豊橋に来られることがあったらぜひ皆さんも
究極においしい担担麺に挑戦してみてはいかがでしょうかー

お腹もいっぱいになったので、
本日のメインイベントは… 豊橋市総合動植物園に行って来ました。

この施設の中にある地球史博物館は必見です。
展示物の数の多さは半端ではなく



地球の生命の歴史に興味のある人なら
一日中いても時間が足らないくらい膨大な量の資料や化石に圧倒されます。



肉食恐竜の全身骨格…好きだなー僕はこういうの

地球の地殻に刻まれた命の記憶を訪ねることで
今この地球に生きていることが本当に奇跡なんだなーって感じます。

この施設には動物園もあり 広い野外広場に アフリカのサバンナを再現していて
色々なアフリカの動物にも会うことが出来ます(^^)



サイの横顔です…
何だか寂しそうに遠くを見つめるような瞳…

動物園には、こういう目をした人 多いなー

こういう寂しい目をした動物は あまり人には話しかけてくれません。



ライオン好きだなー 特に女の子のライオン 僕はオオカミの次に好きかも?
いつもは視線を無視して背中を向けて寝ていることが多いライオンの女の子

僕らを見つけると立ち止まって

ずぅーっとこっちを見つめて来ました…ずーと目が会いっぱなし
ちょっと動物園では珍しいことですよね!

こういう時の動物は何か話しかけているんだと感じます。
(何を言っているかはわからないけど…ハートで受け止められる自分になりたいなー)


↑とても美しいアムールトラです。

アムールに生息するトラさんは 野生ではもう400人しかいないんですって…
近い将来、動物園でも見れなくなる可能性が大…とのこと
ぜったいそんなことにならないようにしないとね…

なんだか…「あなたたちの地球を壊していること ごめんなさい…」って思います。

地球ってすごいね… 地球に満ちている大きな大きな命の輪
僕らも仲間に入れてもらいたいなって思いますね。

僕ら人間を見捨てないでねって 思いますね…

次回 緑のDNAバンクのボランティア作業日もミステリーツアーを予定したいと
考えています…案内状が届くメンバーの皆さんも そうでない人も
どんどん 苗づくりのボランティアに参加してくださいねー

| 森兵衛 | イベント情報 | 23:02 | - | - | pookmark |
恒例 碧南市植木市

晴れ渡った青い空!
今日は毎年恒例となった 碧南市公園緑地課主催の植木市に
招いていただきました。

緑のDNAバンクは、地域在来の木々の苗の無料配布と
エコテラ制作教室を行いました。

こういった恒例の行事は普段からのボランティアの成果を体験できます。
準備はもちろん大変だけど、
碧南市民の皆さんが未来の子供たちのためにと
庭に地域在来の木々の苗木たちを受け取ってくれて
碧南を「町と言う名の森」にしよう!…という
僕らの夢に耳を傾けてくれる

もうクタクタで1日を終えて 体は疲れ果てているけど
心はまるで生まれ変わったように軽く
逆に湧き上がるようなパワーをもらえます。

緑のDNAバンク…やってて良かった
地域在来の木を育ててきてよかった!育ててきたからこそ
沢山の人に、希望の種として手渡せる

混沌とした時代だけど、「まだ僕らに出来ることがある」
これって嬉しい!幸せだと思える


普段は遠くてあまり会えない心の森のメンバーとも会うことが出来るのも
こういった恒例行事の嬉しいところです。



今日は遠いところでは、チーム「心の森」スタッフの中谷さんも
大阪から駆けつけてくれました。
遠いところお疲れ様でした(^^)

豊田市の佐野さん親子は先日春のご報告をしてくれた
ワンルームから、ひこ生えの出た かっちょええエコテラを持ってきてくれました!

こうやって毎年少しずつ僕らの活動の輪が大きくなっていくことは
嬉しいことです。



さて、植木市でのエコボランティア
苗木の無料配布ってどんなかんじで行われるのでしょうか?
毎年必ずボランティア参加をしてくれるスタッフの
佐藤親分も林豊さんも もう4回目ともなるとなれたもので




庭に植樹を希望してくれる市民の皆さんの住所と碧南市の地図を照らし合わせ
A地B地区C地区分けて、最もそのお宅の植樹に適した苗木を選んで行きます。

「わしは〇〇町の者じゃがのーどの苗木がええかいのー?」
というおじさんの住所から



「ん〜C地区なら この〇〇神社のアラカシかタブの木のなえぎの内から
選んでください…とテキパキと配って行きます。


こうして、手渡された地域在来の苗木を受け取った市民の方が
家に苗を持ち帰って 植えた時
その植えた人は、自然はもともと完成していたパズルの絵のようなもであり
そのあるべき場所にできるだけ近いところに苗木というピースを植えることで、

理屈では無く、心で、また体験で自然について解るんですね。

地域の自然は失うともう元には戻せないこと
今、地域にかろうじて残っているパズルのピースこそ優先して守るべきこと
それって、実際に経験しないとね…
「頭では理解できないこと」「心と体験で理解すること」なんです。

| 森兵衛 | イベント情報 | 16:41 | - | - | pookmark |
4月29日碧南市植木市でエコテラ教室

皆さん、お気軽にご参加ください!

4月29日(日曜)
愛知県碧南市役所公園緑地課主催の「植木市」で
地域在来の苗木配布とエコテラ制作教室を開催します。


場所:愛知県碧南市浜町2−4
「碧南市臨海公園」
AM9時〜PM3時
(エコテラセットは早い者勝ちなので、
参加を希望される方はお早めにお出かけくださいね)

参加費は大人も子供も エコテラセット1台分で500円です。
(エコテラセットは、いつもは無料なのですが、碧南市の方針で
500円で有料でお願いします…とのこと)

いつもはご奉仕で無料にしているけど…
本当は材料だけでも2000円以上するものなので
500円でも超お得な企画ですぞ!




参加者に作ってもらうエコテラはこの写真のものと同じものです。
(もちろん、秘密のアイテムと一緒にお持ち帰りしていただきます)
写真のものは2年前に制作したものなのですが、すっかり苔が育って、
シーズンオフはミニ盆栽のように室内の窓辺などにかざってもおしゃれかもね?

このエコテラセットの効果は全国で実証されていて
このセットに飛んできた地域在来のクワガタとの共存を
自宅の庭でスタートさせた方も多いはず(^^)

会場ではチーム心の森のメンバーが一緒にエコテラを仕上げてくれるし、
地域在来のクワガタさんの招き方も教えてくれますよー

さあ、皆さん、集まってね LSAはやってみないと
あれこれ考えていてもわからないですよー

このエコテラセットという手のひらサイズの森の種は
あなたの家庭を地域本来の自然と結び付けてくれる懸け橋になるはずです。

大人も子供も…「地域のクワガタを捕まえないで庭でベランダで
一緒に共存してみたい」という方はぜひいらしてくださいね。
(僕的には虫屋の参加はお断りー)(−−)

アートな ガラスのセル(地球箱)の中の
ライフ・シミュレーション・アートも展示します。
もちろん、碧南の方には地域在来の木々の苗木も無料配布しますよー


↑やっやめて〜トラオー あ〜あやっぱり葉っぱをかじった
この娘は、やってほしくないことを必ずやらかすんです〜^^;


皆さん、待っていますよー
チーム心の森の皆さんは1時間早くAM8時にLSAを持って
集合ですぞぉー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
もっと詳しくLSAを知りたい人は、ブログ「心の森+」をみてみよう!
このブログ「心の森」よりもさらに10歩進んだ核心情報が
新しいブログ「心の森+」には満載です
ライフ・シミュレーション・アート(LSA)独自のスーパーレイアウト術の
最新情報は、ブログ「心の森+」で大公開中!
是非、パスワードをゲットして、
訪問してくださいね!→
http://lsa-pangea.jugem.jp/

※閲覧にはパスワードの入力が必要になります。
パスワード所得についての情報は、
こちら→ 
心の森+へのパスワードのご案内
http://ranhansha.jugem.jp/?cid=31


| 森兵衛 | イベント情報 | 19:30 | - | - | pookmark |
1月LSA教室

今日は2012年初めのLSA教室でした。
回を重ねるごとに進化し続けるこの企画…

新しい技法・加熱する講師陣のこだわりと受講者の情熱!
「最高のLSA」を生み出そう!…ということで
とても1日の教室では完成まではたどり着けません。


↑今回はここまで…次回の教室で石組みと土の投入植物と苔の植え付けが
控えています。

昨年のじゅんじゅんの時のLSA教室同様
今回のレイアウトも完成は次回に持ち越されました。

今回はLSAの特有のLSAの土台
この土台の完成度がLSAの地面そのものの地力を左右します)
※LSA教室に参加した人だけが伝授される
一般には公開していない独自のレイアウト術です…)



今回の受講者は昨年の高浜市でのエコテラ自然教室で出会った
川角(かわすみ)さんと 息子さんのヒロ君


↑LSAのレイアウトテクニックをレクチャーする時…佐藤親分はこんな真剣な顔に…


講師陣はアドバイザーの 佐藤親分・林豊さん・へいちゃん・そして僕 森兵衛の4人
超豪華なメンバーですねー


↑真冬だというのに、アトリエではLSAのヒラタクワガタ君が
三本木の洞から顔を出してみんなをお出迎えです。
いやがおうでも、教室に気合がはいります。

今日のお題はコンパクトな地球箱Sワイドを使ったレイアウトです。

まず、LSA独自の地下水脈を受講者と一緒に完成させて、
その後、講師陣が即興で組み立てた仮組を提案して
今回LSAを制作する川角さん親子の「心の森のイメージを引き出します。


↑仮組


↑仮組


その後、受講者の川角さん親子が、思うままに 悩みながら、
何度も何度も仮組を繰り返し
イメージの森を組み立てていきます。

悩みながら迷いながらそれを繰り返し、
講師陣もアドバイスをすることで イメージのピントは どんどん鮮明になってきます。

そして、出来上がった仮組がこれ!




うん…いいねー 僕ら講師陣は仮組の仕方を具体的に伝授するだけです。
本番のレイアウトは受講者自身が組み上げて行きます。

僕らはそれが行き詰りそうになる時に近くにいてサポートをするのです。

いいレイアウトのイメージがしっかりとピントの合った状態で取り出せました。

動きのある立体的な仮組の完成!…そのまま動かないように固定をします。

「いいレイアウトです! キャンパス全体を使い切った立体的な構成です」

でも…この構図 処女作なのに かなり難易度が高く
三本木を取り巻くようなこの流木の使用そのものがこの作品の難易度を上げています。


これから先に行う 石組みもかなり難しそう…そのへんのイメージを
組み立てるのは、経験豊かな講師陣でも難しそうです。

そこで、上の写真のように、いったんベースの用土を仮投入しながら、
土の盛り方・石組みの配置の仕方・石組みに使う石の色などをイメージして行きます。


↑メイン用土の仮投入のために「Α+Ωオリジナル用土を
配合している僕、森兵衛です

LSAに使う(土)はとっても重要です。
土は植物や苔を育成するのはもちろん
レイアウト全体の色合いや質感を決定する重要なアイテムです。

土の作り方は実際にLSA教室に参加してみないと
とても一言では説明できません。

ぜひ多くのLSAファンに LSA独自の土の作り方 用い方を
教室に参加することで身に着けてほしいです(^^)


↑これは、アトリエにある秘密の宝箱・・・・

この中には、使用してしまえば 2度と手に入らない
この星の肌…土のサンプルが収められています。

皆さんにもちょい見せしましょうかー
取り出して作業台の上に並べてみましょう。


LSAに使用する用土がずらり…
凄いでしょー 地球の皮膚である(土) 美しいですぞー
同じ土でも こうしてサンプルにして並べてみると同じものは一つとしてありません。

「土を知ること」はLSAでは一番重要と言っても過言はありません。
LSAとは…「土のアート・地面のアート」ですからね。

テラっていっても 本当は奥が深い!
「LSAは本物のテラリウム」を目指しています。

このようにLSAは上の写真のような貴重な土を用いて
独自の土アートを展開していきます。(驚きでしょ?)(^^)


↑受講者の川角さんです。…土を仮投入しながら
石組みの配置などを具体的にシミュレーションして行きます。



石組みを荒で仮組して行きます・・・うんいい感じ!
次回教室の時 荒組した石の間を小さな無数の石の欠片を使って
パズルのように石組みを完成して行きます。

レイアウトに岩石や石組みを配置することは
LSAのレイアウトに重量感や硬質感を出すためにとても重要です。

石や石組みのないLSAは考えられませんね。

今日の教室はここまでです。

この状態のままレイアウトを持ち帰って 毎日眺めながら
次回のLSA教室の日まで、イメージのピントをより鮮明に合わせていくのが、
川角さん親子の宿題でございまする〜

次回のLSA教室が楽しみですー

| 森兵衛 | イベント情報 | 19:01 | - | - | pookmark |
今年初めのイベント

Α+Ω 2012年初めのイベントです。
1月8日AM9:00から愛知県安城市の僕のアトリエでLSA教室を開催します。
アドバイザーたちも集まります。

LSAに興味のある方はぜひ遊びにきてください。



本物のテラリウムと豪語できるLSAの
美しい生命アートの世界を知ってほしいなー(^^)/

教室ではライフ・シミュレーション・アート(LSA)独自
レイアウトテクニックを余すことなくご披露します。

LSAのレイアウトテクニックは園芸のようであり…
アートであり…自然科学でもあるような気がします。



生きている創作アートの空間
テラリウムっていう 僕らが脱却したジャンルは
きっとLSAのような世界を目指していたのかも?


↑三本木をよじ登る苔…

状態のいいLSAは維持も簡単!
基本がしっかりできているLSAは
誰でも簡単に育てることができるんだー(^^)

基本・・・・一番大切ですぞー

一般には公開していないLSA独自のレイアウトテクニックの基本

このLSA教室でぜひ、ご自分のものにしてほしいなー!

| 森兵衛 | イベント情報 | 18:43 | - | - | pookmark |
みんなで長旅

今日は心の森のメンバー(全員ではないけど)で
そろって淡路の奇跡の星の植物館をめぐる長旅


↑植物館展示場の1番奥で怪しい波動を放っている平原へいちゃんの作品

展示会の為みんなで出かけることはよくあるけど
本日は朝4時出発で1台の車で長旅です
なかなかメンバーが揃っていろいろと企む時間が取れないチーム「心の森」
今日は1日中みんなとワイワイガヤガヤできるということで
僕もすごく楽しみにしていました。

佐藤親分なんか遠足の前日の小学生のように昨夜は全然寝ていないんだって^^;



みんなで1日ドライブ旅行なんて最高!
車の中では、もちろんライフ・シミュレーション・アート(LSA)を今後どう
プロデュースしていくか?とか「あれもやりたい」「これもやりたい」と
ぶっとんだ話が進んでいます。



途中 みんなの家に立ち寄ったので、到着まで5時間かかりました。
植物館の前で記念撮影です。


シャッターを切ったのは僕…奇跡の星の植物館は入り口から薄暗いエスカレーターを
登って眩しい入り口を超えると館内を上から見下ろす長い通路があり
そこから、眺める館内の異質な雰囲気に圧倒されます。


まだ、観に来ていらっしゃらないLSAファンの皆さん、
ぜひ淡路にいらしてください。(展示場で会いましょうね)(^^)/


↑植物館のスタッフ岡本さん(おかもっちゃんから、LSAについての説明に
熱心に耳を傾けるお客さん

展示場に到着すると…結構LSAの周りもにぎわっていますよ〜
LSAのお世話は、植物館のスタッフの岡本さん(おかもっちゃん)と野田さん

普段扱っている植物の鉢植とは違うLSAの世話…
いや〜さすがです…植物を育てたり、見せたりする執念!プロです。
展示が始まってまだ、2か月しか経過していないのに…


こっ苔がぁぁぁ〜

どの作品も苔がぁぁぁ〜 超元気に急成長しています。



やっぱり観賞用の植物もLSAも愛情をかける…それが育成の基本のようです。

おかもっちゃんと野田さんのLSAに対する愛情は半端ではないです。
「ありがとうございます」



そこに、たまたまテレビ取材の撮影中の館長(辻本先生)が…
僕らも一緒に記念撮影です。

植物を用いた斬新な生命アート展示における
先駆け的存在の辻本智子先生は
めったに館内でお会いすることはできないですが、
今日は本当にラッキーです。

先生や、スタッフの皆さんにも伝えたのですが・・・
今回「奇跡の星の植物館」でのLSAの展示…
本当にお勉強になりました。(「見てもらう」ことは強烈な実践学習カリキュラムです)

究極の生命アートを目指しているLSAまだまだ学ぶことがたくさんあります。

登っても登っても山頂は見えてきません。
もっともっとレベルアップしていかないとねーって皆で 
心に挑戦を刻む最高の旅となりました。


↑このお店は、チュートリアルのお二人も食べに来るんですって

二十数年前神戸の長田区に住んでいた森兵衛
帰りはちょっとだけ遠回りをして
長田区のお好み屋さんに寄ることにしました。

震災で風景は変わってしまったけど
僕が住んでいたころから、長田区のお好み焼き屋は何処に入っても
強烈においしかったけど、それは今でも変わらないまま

どろソースと呼ばれる奇怪で超辛い酸味のあるソースも最高です。


今回メンバー揃っての旅行、
最後に最高のB級グルメで打ち上げです。

奇跡の星の植物館のLSA作品達 最高!

神戸長田区のお好み焼きも 最高!

奇跡の星の植物館でのLSA展示はまだまだ続きます。

少し遠出して休日には、ぜひご家族でお出かけください。
そして、帰りは神戸市長田区のお好み屋さんに立ち寄ってみるのも
いいかも(^^) 
どろソースおいしいですぞー

| 森兵衛 | イベント情報 | 06:52 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE