心の森

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
3月のボランティア作業日

今日は緑のDNAバンク苗木畑でのボランティアの日でした。


(↑ゴリラのシルバーバック(ボス)のように見えますが・・・
ここはZOOではありません・・・この人は常滑市の佐治さんです・・・
ここはバンクの苗木畑ですからねー)

朝から、黒タグを首にぶら下げた同志が入れ代わり立ち代わり
ボランティアに参加してくれました。

佐治さんも、林さんも、お隣の中国からの研修生の万ちゃん(かわゆい)も
遠い道のりを駆けつけてくれました。

へいちゃんと僕は、超近くから駆けつけました^^;


↑森兵衛好みの、きゃわゆい万ちゃん(まんちゃん)は、
林さんの務めている滋賀県彦根の会社に
お隣、中国からお勉強にやってきた研修生
今日は、50年前のルパン3世がのっていそうなクラシックカーで
長距離ご苦労様でした。
おかげで、森兵衛のおじちゃんは、
鼻の下が伸びっぱなしでした^^;



いやー本当にしみじみ思うけど
持っているスキルはみんなそれぞれ微妙に違っているはずだけど
小さな思いのパズルを一人より二人二人より3人とつなぎ合わせると
心強いねー・・一人では無理なことでも、みんなと一緒になら
超えられそうな気します。


週末に、ほんの数時間、首にぶら下げた黒タグ
(黒タグの意味は少し前のボランティア要請の投稿を読み返してね)

僕らが未来に蒔く「小さなこと小さな種」
僕らは、「夢みる夢子さん」

森はきっと受け取ってくれて
未来に届けてくれると思います。

森に・・そして駆けつけてくれた同志に「ありがとう」(^^)

| 森兵衛 | ボランティア要請 | 23:46 | - | - | pookmark |
3月の作業日のお知らせと(僕らのトリアージ)

 皆さん、こんにちは!
3月の13日(日)第2日曜
緑のDNAバンクの苗木畑、ボランティア作業日です。
苗木や森から、呼ばれた人は、畑に集合してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↑先月は、常滑市の佐治さんが、雪の降る寒い中鼻水を流しながら
ボランティアに参加してくれました・・・・
「俺・・・・森に呼ばれたから」とのこと(^^)
家族の皆さんからは、「あの、お父さんがボランティアに参加するなんて、
お父さん・・・どうかしちゃったのかな?」って不思議がれているそうです。
「がっはっは」・・・「森に呼ばれりゃしょうがないね」って2人で畑で大笑いしました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参加時間は自由
●朝の部の作業 9時〜11時30分
●昼の部の作業13時〜16時まで

お昼までの参加も大歓迎!お昼からの方も大歓迎!
ほんの1時間の参加でも大歓迎!(10分でもOK)
世間話だけの参加でも大歓迎!
かけ声だけの参加も大歓迎!

ボランティアなので、時給もお弁当も出ません!


●場所:愛知県碧南市油ヶ渕遊園地内の苗木畑

道路を挟んだ所に駐在所と遊園地の駐車場があります。
緑のDNAバンクの木の看板があり
草ボウボウなので、すぐに解ると思います。
(愛知県碧南市油渕町2丁目)

参加者は、軍手や長袖、長ズボン等、作業ができる服装で
直接DNAバンクの畑に来てください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●僕のトリアージ

「トリアージ」
・・・阪神大震災で一般にも知られるようになった言葉
トリアージ(Triage)は、人材・資源の制約の著しい災害医療において、
最善の救命効果 を得るために、多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別し、
治療の優先度を決定する こと

負傷者に黒・赤・黄色・緑に色分けのタグを取り付けてその患者の治療優先度を
解りやすく表示します。まずはじめに緊急搬送されるのは
赤色のタグを取り付けた患者で、重症だけど治療をすればまだ、助かる見込みがある患者
黒いタグをつけた患者は、搬送してももう間に合わないと判断された患者・・・

大災害という極限の状態で、黒タグの患者の犠牲がより多くの患者の命を救う
極限状態での選択・・・それが「トリアージ」

今日は、例えは適切かどうか?自信はないけど
このトリアージに例えて、緑のDNAバンクについて、その近況や僕の今現在の気持ちを
正直に伝えたいと思います。


↑世話をしても容赦なく枯れる苗木・・・
もう、見てその現実を受け止めるしか手立てはない
「だから、目をそらさず、心に刻もうと思います」

正直・・・体力の限界を感じています。

緑のDNAバンクの苗木は特別なパズルのピース
碧海地域、油が淵周辺の 純正の地球のピースに近いと思われる木がくれた苗木・・・・
僕が何故、彼らを守りたいかというと

この1本1本の苗木は、100年後のこの地域の子供たちの
故郷そのものだと感じているからです。

種を植えるのは簡単だけど、「育てるのは苦しい」
県が言っていた4年後の水辺公園への植樹
それが、この不景気でどこまで延期になるか、どの規模まで現実できるか?
さだかじゃない・・・・けど
僕にできることは、絶対にできると信じて「守り抜くこと」

もうそれしかできないと思います。

今、一番つらいことは、仕事で時間が取れないときに、夜になってでも
水を上げに行く・・・そのつらさでも、
凍てつくような寒さの中での作業でも
金銭的な負担でもなく・・・・

「一生懸命世話をしても枯れていく苗木たちがあること」・・・それも結構多い(−−);

↑今までに枯らせてしまった苗木たちの残骸
(僕の力が足らないばかりに)

正直・・・限界はすでに超えていると思います。
抱えている苗木の数の多さ・・・でも、故郷を残すためには
圧倒的に苗木は足りない・・・・・

今の10倍は残さないと、この地域にあるはずだった森を残すことはできません。

ただ、「残したい」
何故?「大切だから」
誰のために?「まず僕のため」そして、「100年後の子供達のため」
僕に残せる故郷のピースはこの苗木たちだけ
でも、多すぎて、仕事が忙し過ぎて、僕1人に与えられた1日は24時間


↑手前の白くなった葉の苗木は枯れかけている苗木・・・・

現実に押しつぶされそうになった時、僕はいつもこの「トリアージ」を
心に浮かべます。

本当につらい、体力や僕の心が足らない時
僕は自分を守りたいがために、家族の生活を考える時

僕は自分と苗木の一部を守るために、「現在弱っている苗木のエリア」に
黒タグを貼り付けてしまいます。

・・・・正直にカミングアウトすると・・・・
自分と自分の家族の、より良い生活の為に、
苗木畑そのものに、黒タグをかけそうになる、そして、自分と家族に赤タグを
取り付けそうになる自分がいます。

「どうせ弱っているから、彼らに黒タグを取り付けて、犠牲にすることで」・・・
「自分を守ろう」・・・・・そう思ってしまう時があります。

でも、実際に畑にたどり着くと・・・・かろうじて、こう思うのです。(本当にかろうじて)

「俺自身にに黒タグをかけよう」・・・そうすることで、もしかしたら
1本でも多く守れるかもしれない・・・・・

いつも思うんです。

何かを犠牲にしないと、残せないものがあります。
もしも、自分に黒タグを取り付けることで、それが守れるなら、
そうしよう・・・

でも、いつもそう思えるわけではありません・・・・
心はいつも揺れ動いています。

でも、出来れば、自分に黒いタグを取り付けて、苗木たちに赤タグを取り付けよう

畑で、作業をしている時、僕はその時間だけは、
「自分に黒タグをぶら下げている自分」を見出します。


これから先、どんな時も、「自分に黒タグをとりつけられる」かどうか?
それは僕にもわかりません・・・・・・

でも、そうでありたいと、思います。
できれば、そういう自分を貫きたい・・・・・
「ねえー故郷の森の木々のみなさん、僕に迷わない心の強さを下さい。」
そう思います。

皆さん、すべての時間ご自分に黒タグを・・・とは言いません。
今度の日曜・・・・ご自分の休日に、ほんの数時間だけご自分に
「黒タグを取り付けられる方がいたら」
緑のDNAバンクに来てください。

ほんの数時間の黒タグであったとしても、
森はその数時間を未来の種として受け取ってくれると
信じています。

森はあなたを待っています。

| 森兵衛 | ボランティア要請 | 10:29 | - | - | pookmark |
雪が降ったら作業は中止です。

皆さん、こんにちは!
イヤー忙しくて、なかなか投稿する時間が取れなくてごめんなさいねー 

さて、お知らせです。

今年はよく雪が積もりますねー「おおおー寒」
2月13日(第2日曜)緑のDNAバンクの作業日ですが、
もし、朝から、雪が積もっていたら、
作業はお休みにしましょうね。

雪が積もったら、畑仕事は無理だし、
遠方からの移動も道路が危険だと思います。

時間を空けていてくれた皆さん、
もし、日曜の朝に、作業があるかどうかわからないときは
朝、直接電話で聞いてくださいね(^^)

| 森兵衛 | ボランティア要請 | 22:54 | - | - | pookmark |
2月のボランティア作業日

 皆さん、こんばんは!
超忙しくて、ブログの投稿が遅れています。
ただいまLSAシミュレーターからのたくさんの近況情報を預かっています。
これから、時間を見つけては、最新情報を投稿して行きます。
ちょっと疲れた体に鞭を打って、がんばらないとね。

さて、早いものです。
2月の13日(日)第2日曜
緑のDNAバンクの苗木畑、ボランティア作業日です。
苗木や森から、呼ばれた人は、畑に集合してください。

参加時間は自由
●朝の部の作業 9時〜11時30分
●昼の部の作業13時〜16時まで

お昼までの参加も大歓迎!お昼からの方も大歓迎!
ほんの1時間の参加でも大歓迎!(10分でもOK)
世間話だけの参加でも大歓迎!
かけ声だけの参加も大歓迎!

ボランティアなので、時給もお弁当も出ません!


●場所:愛知県碧南市油ヶ渕遊園地内の苗木畑

道路を挟んだ所に駐在所と遊園地の駐車場があります。
緑のDNAバンクの木の看板があり
草ボウボウなので、すぐに解ると思います。
(愛知県碧南市油渕町2丁目)

参加者は、軍手や長袖、長ズボン等、作業ができる服装で
直接DNAバンクの畑に来てください。

| 森兵衛 | ボランティア要請 | 18:54 | - | - | pookmark |
2011年、初めのボランティア作業日

今日は、2011年初めの、一般ボランティアの作業日でした。

前日までに、誰も「行くからねー」と連絡をくれなかったので、
もしかして、今日は一人で作業なのかなー?と思って 緑のDNAバンク苗木畑に行きましたが
朝は、名古屋の佐藤親分・・・・

名古屋の佐藤親分は、
2010年下半期ライフシミュレーション・アート人気投票で見事
同率1位に選ばれました!早速アトリエでトロフィーの三本木を
表彰授与!トロフィー片手に記念撮影です!
人気投票に票を入れてくれた全国の皆さんに
「ありがとう!」と言っていましたよー



お昼からは、常滑市の佐治さんが駆けつけてくれました。



佐治さんですぞー

僕は周りの、環境活動家から、いつも言われることがあります。
それは・・・・・

「森兵衛さんは、凄く画期的な凄い環境活動をしているのに・・・・
何故・・・いつも一人でその活動をこなそうとするんですか?

何故、仲間を募ろうとしないのですか?」
「一人の力は小さいよ・・でもみんなで力を合わせてこそ、なせることがある」・・・・と
説教をいただきます。^^;・・・よけいなお世話じゃ


僕はね・・・仲間を募らないわけではありません・・・・(誤解なのじゃ)
一人では何もできないことも、他の環境活動家よりも身にしみて解っているつもり・・・
僕も本当は、多くの仲間とこれを成して、一緒に喜びたい・・・

一人で成すことの力のなさは、この3年間で一人で畑で涙するほど
僕の心に刻み込まれた・・・・でも

ただ、僕は軽々しく人を募りたく無いだけ
僕自身が、誰かに頼まれたのでもなく
言われたからでもなく、ただ、「森に呼ばれた」と気付いて
立ち上がってみただけ・・・ただそれだけなんですね・・・・

それに、人にはそれぞれ、一つだけ、その人にしかできない
不思議な能力やスキルを持っていて、全ては微妙に違っていて
それでいいし・・・・僕が声をかけることで、その人のなすべきことに
遠回りをさせたくないと思っているのです。

(※でも自分で進んで集まってくれる人は、必ず、その働きの中で、
自分のスキルを発見し、何を差し置いても、DNAバンクから去っていったとしても、
自分のスキル・・・・それを優先してくれると信じているのです)

それに、広報やパフォーマンス的な方法で人を集める事は
簡単に出来るかもしれないけど・・・・

僕はまず、自分がなすこと・・・一人でもやろうとすること
あきらめないという基本的なことを、まずは自分自身に叩き込むべきだと考えています。
その気持ちが本物で、そこに欲が無ければ
人は黙っていても、自然に集まってくれる
もし、それで人が集まらないなら、全部僕が悪いんだと・・・考えています。


だから、何月何日、何処で作業をします。
あなたが「森に呼ばれたら」きてください・・・としか告げません・・・

そんな消極的なアピールにも関わらず・・・・
今日も二人の同士が集まってくれました。
何万部もの町の広報で集まる何百人もそりゃ凄いけど、

自ら集まってくれる、その人の自発的な行動力は
二人であっても、それは質的には200人に値すると僕は信じています。


だから、このブログを覗いてくれる皆さん、
もし・・・「森に呼ばれたら来てください」

緑のDNAバンクは、そんな一人の・・・スキルを
第1に大切にしたいと思います。

| 森兵衛 | ボランティア要請 | 21:16 | - | - | pookmark |
2010年初作業日

 1月9日(日曜)は、緑のDNAバンクの苗木畑、ボランティア作業日です。
苗木や森から、呼ばれた人は、畑に集合してください。

参加時間は自由
●朝の部の作業 9時〜11時30分
●昼の部の作業13時〜16時まで

お昼までの参加も大歓迎!お昼からの方も大歓迎!
ほんの1時間の参加でも大歓迎!(10分でもOK)
世間話だけの参加でも大歓迎!
かけ声だけの参加も大歓迎!

ボランティアなので、時給もお弁当も出ません!


●場所:愛知県碧南市油ヶ渕遊園地内の苗木畑

道路を挟んだ所に駐在所と遊園地の駐車場があります。
緑のDNAバンクの木の看板があり
草ボウボウなので、すぐに解ると思います。
(愛知県碧南市油渕町2丁目)

参加者は、軍手や長袖、長ズボン等、作業ができる服装で
直接DNAバンクの畑に来てください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月3日・・・・環境活動の小さな集まりで
お酒を酌み交わし、新年会で大騒ぎをしました。
環境活動家が集まると必ず出る話題・・・・

「地球にとって、人間って不必要なのかなー?
人間が滅んだら、地球は回復するんだと・・・・
人間って何者?」という話題

そして、必ずといっていいほど、その話題の終わりは、
「やっぱり人間は地球にとって不必要」と

僕は、ささやかだけど、
必ずこう発言します。

信じているから、迷わずに!
静かに答えます。

「人はみんな必要とされて生まれてくる・・・今は間違った欲に支配され
この星を食い尽くしそうな勢いだけど・・・・
僕らには地球の自然をお世話する、そんなタラントが与えられている
一人一人に・・・それは小さいけど・・小さいから、繋いでいける!

母なる地球は人間が必要だから・・・僕ら人間を産み落としてくれたんです!
僕らはきっと、本来の人間に戻ることが出来る!」

人間だからこそ、できる事もあるはず!
地球の数え切れない生命達のお世話役としての人間になれるはず!
支配するのではなく、お世話をさせていただく存在
99年後、AD2110僕らはもうこの星に吸収されているけど、
きっと地球は今よりもっと青く輝いている!

僕は、疑わずにそう信じています。

| 森兵衛 | ボランティア要請 | 06:38 | - | - | pookmark |
福釜下山交差点(ふかましもやまこうさてん)

 12月12日(日曜)は、緑のDNAバンクの苗木畑、ボランティア作業日です。
苗木や森から、呼ばれた人は、畑に集合してください。

参加時間は自由
●朝の部の作業 9時〜11時30分
●昼の部の作業13時〜16時まで

お昼までの参加も大歓迎!お昼からの方も大歓迎!
ほんの1時間の参加でも大歓迎!(10分でもOK)
世間話だけの参加でも大歓迎!
かけ声だけの参加も大歓迎!

ボランティアなので、時給もお弁当も出ません!


●場所:愛知県碧南市油ヶ渕遊園地内の苗木畑

道路を挟んだ所に駐在所と遊園地の駐車場があります。
緑のDNAバンクの木の看板があり
草ボウボウなので、すぐに解ると思います。
(愛知県碧南市油渕町2丁目)

参加者は、軍手や長袖、長ズボン等、作業ができる服装で
直接DNAバンクの畑に来てください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下ボランティア要請について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここは、福釜下山交差点(ふかましもやまこうさてん)・・・・
道路の両脇ガードレールの下は不法投棄されたゴミの山
何処にでもあるような交差点・・・・
でも、僕にとって、ここは特別な場所です。

僕は、この場所に教えられたことがたくさんあります。


僕は大人になり、親になり、その後、
オゾン層の破壊・温暖化・食物連鎖の危機・戦争・・など地球環境が
我が子に喜んで引継ぎできるような環境ではない・・・・
凄く危ない状況だと知りました。
何とかしなければと思い思いました。

何から始めようって迷いました。
4年ほど前、市の環境アドバイザーになる為のセミナーで1年ほど学び
卒業試験で留年しかけたけど、市の環境アドバイザーになれました。・・・

でも、その次の瞬間
「いや・・・違う 自分は、人をアドバイスしたり教えたりするほどの物は
何も持っていない」と思いました。
(※僕は、ですよ・・・他のアドバイザーは、すばらしい人ばかりでしたから)

その時、決心しました・・・アドバイザーを辞めよう
その代わり、僕は「環境ボランティアの、いち作業員になろう」・・・・と

でも、何をしていいのか解りませんでした。
自分に出来ることって・・・きっと誰でも出来る簡単なことではなく
自分が本気になれることだと思うのです。
その為に損をしても、後悔しないこと、しんどくてもそれを喜べることだと・・・でも

それって、何よ?

アドバイザーを止める決心をした次の朝
5時くらいに目が覚めました。

とにかく何かを始めよう・・解らないなら解らないままで、
そこから、這い出してみよう・・・・

ゴミ袋を持って、ゴミはさみを持って、このゴミだらけの交差点に行きました。
何をしていいかわからないからこそ、まず、一つ目のゴミを拾いました。

普通、家族の大黒柱が、交差点でゴミ拾いを始めたら、家族は何と言うでしょう
車が多く、赤信号になったら、みんなが見て行きます。
そんな、夫をみたら、普通の妻は、何と言うでしょう
僕は、社長(妻)のワガママには、いつも腹が立つけど、
でも、彼女は、心から尊敬できる心の大きな人です。・・・・
(アニメジャングルの王者ターちゃんの、ジェーンを見た時、
あーまさしく、我が妻だ!・・と思ったくらいです)

彼女は、そんな僕を、交差点に毎朝ゴミを拾いに行く僕を、
「いってらっしゃい」と普通に送り出してくれるのです・・・・・(偉大なおなごじゃ)
普通なら、そんな夫を羞じますよね^^;

1つ目のゴミを袋に入れた時、「2つ目のゴミを拾わなきゃ」
そう思ったことを、今でも鮮明に覚えています。
※一つ目を拾わなかったなら、2つ目を拾う事は無かったと・・
その時、知恵の輪が外れました。

「解らなくてもいいんだ・・・わからないままで1歩だけ正解に近づくであろう
間違った1歩をふみだせばいい」

解らなくても、それがたとえ僕のスキルで無くても
1歩を踏み出したら、その次に何をするのかは「その始めの1歩が2歩目を教えてくれる」

そうなんだ・・・・人の歩みも、全てパズルのごとく
一歩目が教えてくれる2歩目とパズルの端と端のように繋がっているんだ!
そう思ったことを覚えています。

ゴミを拾いながら、大切な答を感じた様な気がしました。

結局僕は、その後ゴミ拾いという分野が、自分のスキルではないと気付き
微妙に歩みを修正しながら、バンク設立に辿り着き
福釜下山交差点での始めの一歩は、緑のDNAバンクという、僕に出来る小さなことに
繋がっています。

皆さん、子供達に美しい地球を手渡したいと思うなら・・・・
自分に出来ることを探す為に、
1歩を踏み出しましょう!それは何でもいいです

何かをなそうとする時、人はすでにあるものや、
すでに、外国のエコ先進国がやってきたこと、すでに一般に浸透した運動など
あるいは、著明な先生方の書いた資料の中から
自分のすべき事柄をリサーチしようとします。
そして、沢山の偉い人が書いた本を読みあさります。

でも、僕はこう思います。

答は、どの本にも書かれていない

僕らの心の中から始まったものの答は
「自分の心に書かれている」それが何か気付くだけでいい!
人は、それを探す義務がある!

僕は、福釜下山交差点から、そう教えられました。

全ての人のスキルが、バンクの苗木を育てることでは無い!

緑のDNAバンクのボランティア要請・・・・

それが、このボランティアに答えてくれる その人の
間違っているけど・・・それでも1歩だけ正解に近づく、
一歩目であってほしいと考えています。

参加者がバンクに留まる必要は無い!
ただ、この呼びかけが、あなたにとっての、
「福釜下山交差点」であることを僕は願っています。

みなさん、日曜日・・・待っていますよ(^^)

| 森兵衛 | ボランティア要請 | 12:27 | - | - | pookmark |
ボラの日

ライフ・シミュレーション・アートから、飛び出してきた
小さな環境活動・・・「緑のDNAバンク」

その、月に1度のボランティアの日が毎月、第2日曜と決めましたが、
今日はその記念すべき1回目



今日は、名古屋から、佐藤親分と奥様が
草取り作業に駆けつけてくれました。

ほんまにほんまに、ありがとう!

また、今日は、これなかったけど、遠くから応援パワーを送ってくださいました
皆様、ほんまにほんまに、ありがとう!

この小さな小さな、皆さんからの協力を繋ぎ合わせて行くことがとても重要なことですね。

どんどん消えていく、地球の純正パーツ
パズルのピース・・・・

みんなで、拾い集め育てていけば、きっと守れるし

この小さなバンクと同じような苗木畑が沢山起こってきて

すご〜くそれぞれが小さくても、たった1本の苗木でも
そんな事は関係ない

それは必ず少しずつ繋がって行く

どんなに大きな数字も、全ては1から始まる

緑のDNAバンクで、まる2年間・・・・時に途方にくれながら・・・
目の前で、枯れていく苗木たちに、なす術も無く、ただ現実を受け止めながら、
「やってられっかー!」って、一人で農機具を地面に叩きつけ
一つだけ、わかった事は、

一人の成すことが、何と小さいかということ・・・
大口を叩いても・・・・出来る事はほんの僅か
一人、一つだけ・・・・

僕らの中に、潜んでいる、一番大きな問題は、
1つをこなそうともしない、無関心
「本当に1・・・それだけでいい」

どんなに大きな天文学的な数字も、1という最小単位の積み重ね

だから僕は今日、
一人の人が、来てくれたら、それでいいと思っていました。
でも、2人も来てくれました・・・・

こんなに嬉しい事は無い! 「ありがとう」


| 森兵衛 | ボランティア要請 | 19:44 | - | - | pookmark |
緑のDNAバンクからのお知らせ

毎月、第2日曜は、エコボランティアに参加しましょう!


緑のDNAバンクからのお知らせです。

毎月、第2日曜日、ボランティア作業日として、定めることにしました。

森兵衛の為ではなく、あなたと未来の子供達の為に
森を残す働きをしてみませんか?

参加は自由
●朝の部の作業 9時〜11時30分
●昼の部の作業13時〜16時まで

お昼までの参加も大歓迎!
ほんの1時間の参加でも大歓迎!
世間話だけの参加でも大歓迎!
かけ声だけの参加も大歓迎!

ボランティアなので、時給もお弁当も出ません!




場所は、
碧南市の緑のDNAバンク苗木畑

●場所:愛知県碧南市油ヶ渕遊園地内の苗木畑

道路を挟んだ所に駐在所と遊園地の駐車場があります。
緑のDNAバンクの木の看板があり
草ボウボウなので、すぐに解ると思います。
(愛知県碧南市油渕町2丁目)

参加者は、軍手や長袖、長ズボン等、作業ができる服装で
直接DNAバンクの畑に来てください。


●緑のDNAバンクエコボランティアのポリシー

 地球上の生き物も人も皆、地球のパズルのワンピース
だから、個人個人が、その人にしか出来ない
その人にしか開けない、エコロジーを持っています。

ですから、既にあるエコプロジェクトを押しつける事はしません
(「君は、これこれ、こういうことを、すべきだ!」っということだけは
絶対にしません)
(「今地球にとって、これこれを行うことが最優先です!とうこともいえません。)

◆▲椒薀鵐謄ア参加に強制はしません。
ご自分が、地球から、呼ばれたらきてください。
地球の為ではなく、ましてや森兵衛の為ではなく、
自分と自分の子供達の為と思えたら、ご参加ください。

6制が無いのと同様に、参加者への、金銭的なお礼もありません。
お弁当も出ません。
(地球から、大きな笑顔のプレゼントをもらってください)

ぁ△修凌佑地球から 、委ねられている 1ピースとしての
あなたでなければ出来ない事柄を、探す為に(自分探し)
まず、DNAバンクという小さなボランティアにご参加ください。

そして、博士も教授も先生と呼ばれる人も
教えることが出来ない、「あなたのエコ」を
まずは、DNAバンクで割り当てられる作業をこなしながら
ご自分で見つけてください。

※その為に、緑のDNAバンクのスタッフは、
あなたのエコがみつかるように尽力を尽くします。

※バンクの働きを通して、その向うにある
ご自分のエコのピースを見つけた人は、何を差し置いても
バンクの働きから、外れてでも、ご自分の小さなエコの為に
歩み始めてください。(僕らは心でサポートします)
その小さなピースが、無数につながりあうと、
「僕らの行動全てが、青い地球になるはず」

今、エコロジーの1番大きな問題は、
「これはこうです」と中途半端な答を投げかけてしまう事です。
大きな波に、小さなピースを飲み込んでしまうことです。
割り箸と言われれば割り箸に、
エコバックと言われればエコバックに
一つの方向にだけ導き、一つの大きな巨星を作ろうとすることです。
その流の中で、多くのこの星のワンピースが
色と輪郭を失っていきます。

生物多様性が重要と叫ばれ始めた今日
一番、多様性を失ったのは、僕ら人間ではないでしょうか?

地球が青く輝く為に必要なのは、
わがままでもいい、自分勝手でもいい、いきり立っているだけでも
少々間違って、泥んこだらけでもいい!
あなたの心の奥に、 震えて止まらない何か・・・・それが
あなたのピースです。
それは、あなたしか発見できない何かです。
「僕らが地球」なのです。


皆さんの自主的なボランティア参加をお待ちしています。

2010年11月4日 森兵衛
             

| 森兵衛 | ボランティア要請 | 08:53 | - | - | pookmark |
草むしり

今日は緑のDNAバンク 第2苗場の
草取り大会でした!

DNAバンクが立ち上がって、丁度1年目
公にボランティア要請をした初めてのボラ作業

子供を合わせて、僕も合わせて、
7名のボランティアが集まってくれました。


↑黙々と草をむしる、石川アドバイザーと
林アドバイザー 2人とも車で1時間以上かかる遠方から
集まってくれました。


↑Α+Ωの社長(僕の妻)も黙々と草むしり


おかげさまで、凄くはかどりました。
背の高い草はほとんどむしりとることが出来て、
来週のクワガタとドングリで森を見つめる企画、
無事に本番を迎えることが出来ます。
(草ぼーぼーのジャングルが凄くさっぱりしたんだけど、
暗くなるまで、作業をしていた為、その効果のほどを
撮影することが出来ませんでした。
皆さんに、見ていただけないのが残念です)

皆さん、本当に本当にありがとうございました。


僕一人ではなにもできません!(きっぱり)
これからも、よろしくお願いします。
(もう、僕は甘えちゃいますよー)


| 森兵衛 | ボランティア要請 | 21:14 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE