心の森

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
明けましておめでとうございます。
2015年…明けましておいめでとうございます。

久々の投稿です。


お正月 僕、森兵衛は、朝から大好きな日本酒を飲んでいます。(酔っぱらわない程度に)
日本酒好きの人ならみんな知っている「北秋田」と「越後桜」
よほどの日本酒好きでも、この写真のものは、見たことないでしょうね。
僕も偶然見つけた、同じ酒蔵の同じ銘柄の2級のお酒
なんと、お値段半額以下の1升1000円足らずの秘密のお酒…
定番のものと比べるとフルーティーさは同じで、そこに程よい癖があり
僕は、こっちの方がおいしいと思います。

日本酒にはまって、最後にたどり着いたお得な絶品!
愛知県では、「あこ」にしか売ってないでしょう…
出会えた僕は超ラッキー
競争率が上がっては困るので、ここでは売っているお店を公開しないけど、
どうしても、知りたい人は、僕に直接メールで聞いてくれたら
教えます〜^^;(秘密ですぞ)


昨年中は皆様にはたくさんお世話になりました。

2014年はLSAの活動も森づくりも色々なことがありました。

県営油ヶ淵水辺公園ではEエリアでの植樹も無事終わりましたが、
それを喜ぶ間もなく、僕らの植樹活動のもともとの目的が根底から揺らぐ
残念なことが起こりました。

詳しくはまだ、公開したくもない悲しい結果…(口にもしたくない)
(心が落ち着いたら、全国のエコ植樹活動に携わる皆様にも具体的にご報告します)

今言えることは、緑のDNAバンクから始まった新しい植樹の活動
まだ、1ラウンドが終わったばかりですが、

目標に対して楽な方法を選んでしまった愛知県の出した現段階の答えに関しても
誰かの失敗も…今は誰も責めるつもりになりませんが…誰のせいでもない
全部僕の力が足らなかったために起こった事…
「僕がいたのに…こんな事になってしまって、森に対して申し訳ない」

この1ラウンド…50パーセントは失敗です。

油ヶ淵の周りで、必死で頑張っている森の木々に
「ごめんなさい」でいっぱいです。

物事は全て2つの内から1つを選び未来に進む
選んだその答えが現段階ではぶれていること
まずは、それを認めたいと思います。

※間違いのど真ん中にいる時に、それを正しい基準に置き換えてはならない!
それを素直に悔みながら間違いから、もう一度正解に近づくために這い上がる

それが、未来に対して、責任を負うこと・・・・今はそれしか言えません


それとは別にも、この出来事が起こった同じ日の夜…
森兵衛家にとって、偶然とは思えないとても悲しい出来事もあり、
(この2つの出来事は、きっと根底でつながっている)

森兵衛は、まだ、この二つのショックから抜け出せていませんが、
このお正月は朝からお酒を飲みながら…
新たに、何やらたくらみ…立ち上がろうとしています。

お正月休みの間も何と、三本木の新作の制作を続けています。

いい三本木の新作が何作品か完成しました。

近々皆さんにもこのブログか何かでちょい見せしますねー
 
| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 09:06 | - | - | pookmark |
久しぶりの投稿です。
皆様、お元気ですか?
久々の投稿をいたします。

まだ、内容を明かす気持ちになれなくてまだご報告できないのですが、
僕の家族にとって悲しい出来事が起こってしまい、
ずっと投稿できずにいました。

でも痛みの中で、僕と社長と子供達は
家族の大切さを教えてもらいました。

当たり前の毎日は、本当はプレゼントで
普通の日々も気づかない幸せで満ちていて

すぐそばにいてくれる暖かい存在は
いつか、別れる時が来るということ…

だからこそ、抱きしめていられる間
抱きしめられるいっぱい…しっかり抱きしめないといけない

大切なものは、守らなければいけない

なによりも、いつでも「ありがとう」を忘れては
「幸せがもったいない」

皆さん、これからは、こまめに投稿をします。
訪問してくださいね。
| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 07:06 | - | - | pookmark |
とんでもないもの
今日…アトリエを掃除していたら、とんでもないものが出てきました。
2年ほど前四万十に里帰りした時に四万十の海で偶然拾って、そのまま忘れていたものなのですが…

木の実のようにも見えますが、
ガンメタリックのような色で、錆びついた鉄のような質感です。
手に取ると少し重い感じがします。



これは…あれかな?
細田守監督アニメ作品「時をかける少女」に出てきた
未来と過去 時間を自由に行き来できるカプセル?にそっくり^^;

じゃっかん、表面のしわの感じが違うのは、
少し型番が違うのかなー?

このアニメ作品は、遠い未来人類の文明崩壊後?の世界から、
混沌とした時代の危機を切り抜けるための重要なヒントとなる
一枚の絵を見る為に危険を冒して未来から21世紀にやって来た未来人の男の子が
落っことしてしまったカプセルに接触した女子高生が過去と未来を飛び回り
最終的に、その男の子に恋をして、未来に1枚の絵を残し届ける約束をするという

未来と現在の繋がりを見事に描いた感動作品


そっくりです… やっぱりこれと同じ?に違いない!^^;
偶然こんなものを拾ってしまうなんて…
それも、アトリエにおきっぱにして、2年近くも忘れていたなんて…



このカプセルはそのまま人体にチャージして
設定された回数だけ過去や未来に飛べるとのこと…

んー危ないですねー



DVDで確認しながら
「う〜ん これは危険だニャー」と副女将のトラオも言っています。「えらいこっちゃにゃー」

何も考えないで乱用すると、未来や過去にとんでもない混乱を招く
取り扱い注意なアイテムのようです。

危険です…僕らの今の行動が未来を変えてしまうのですから…

そこで、アトリエに転がっていた丈夫な瓶に入れて
厳重に封印することにしました。^^;



もしもの時ここぞという時に、使いたいと思います。^^;
(これを使わなくても、普段から誰でも例外なく、心で未来と過去には
自由に飛べるけどね ^^;)
| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 19:12 | - | - | pookmark |
当たり前の奇跡…ふらっと四万十2
今回の里帰りで
僕の高校時代からの友達のYくんが
四万十からさらに車で40分くらいのところにある「大堂海岸」に連れてきてくれました…

高校生の時はよくバイクで遊びに来た場所
大堂海岸は太平洋の黒潮を望む断崖絶壁の海岸線が数キロに渡って続いている海岸で
この絶壁の上を上がったり下がったりくねくねと散策できるハイキングコースがあります。

地元の人でもあまり来ない超穴場中の穴場
今日もこんなに天気がいいのに他の観光客には一度も会いませんでした。




青い海と断崖絶壁…ここに来ると地球の本当の姿を見ることができます。

眼の前に広がる水平線と人工物は一切目に入らない見渡せないほど広い空の下で
この星の上で自分がどれほど小さい存在なのか
この星が、とてつもなく大きく丸いということことを感じ取ることが出来ます。



ゴーという海からの風…この星が呼吸をしています。
油断をしていると この星の息に飛ばされて断崖の上から海まで放り出されそうになります。

四万十世界には、こんな地球の奇跡があたりまえに存在しています。



向かって左下に見える岩は、観音岩(有名なんだけど誰も来ない穴場^^;)

写真では観音岩はとても小さく見えるけど ここに立って肉眼で見ると
全てのものがとにかく大きく
スケールに圧倒されます…


断崖の上から下を覗き込むと吸い込まれそうになり足がすくみます。
高所恐怖症の人は要注意です。



久しぶりに来た大堂海岸…昔と何も変わらないまま
四万十世界に満ちている当たり前の奇跡に圧倒されっぱなしです。

この地球規模の大きな奇跡の光景は
目に見えないほどの小さな奇跡が無数に繋がりあって成立しているんだよね…

身の回りに普通に存在する小さな奇跡を守りたいですね…
そして自分自身も小さな奇跡であり続けたいですね…

人はみんな生きているだけで小さな奇跡そのもの
自分を失わないで生きていることこそが、一人一人に求められている「小さな奇跡」


 
| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 20:08 | - | - | pookmark |
当たり前の奇跡…ふらっと四万十
ふらっと故郷に帰ってみました…
僕には故郷が二つあります。

四万十は僕の母なる故郷
今住んでいる三河はお父さんの故郷かなー

どちらも同じくらい大切な故郷
お父さんもお母さんも、どっちも大切で順位などつけられませんからねー^^;
どっちも愛しいんだよー



ふらっと帰ってきたくなる四万十世界
1年に一度は帰るようにしています。
ここにいると身も心も風の中に溶けてしまいそうになります。

母なる故郷四万十にはいつも当たり前のように奇跡が満ち溢れています。
四万十にいると実感できること…それは地球という星は命の奇跡で満ちているということです。
この星の上では、小さな奇跡が当たり前に存在していて
その小さなあたりまえの奇跡が切れ目が無く繋がりあって、地球という天体レベルの奇跡を構成していて
漆黒の宇宙に青い光を放っている

四万十は僕にそれを本能的に教えてくれた母なる世界

当たり前に見かけていた生き物たちが減ったり
今、世界から当たり前の奇跡がどんどん失われています。

青い空、安心して吸い込める空気…当たり前の小さな奇跡がすべて消えたとしたら
世界はどうなるのかなー

だから、僕は木を植えることを始めたんだよね…
僕の力は弱く小さなことしかできないけど
僕の働きが小さな奇跡を呼ぶことが出来たなら
きっと、この世界に満ちている奇跡の欠片は繋がり始めるはず
全ての小さな奇跡には「繋がりあう」という性質があるのだから…

未来から不安材料は少しずつ減っていくはず!

100年後の未来AD2110は、今よりきっといい未来が待っているはず
今、それを信じることが出来るんだよね(^^)

油ヶ淵の植樹祭で小さな奇跡を見た時に、
奇跡が起こる公式が僕の中で解けたんだよね

だから今ははっきりと言えます!世界は必ず変わる…

そう言い切れるようになれたことこそが、
細々と環境活動を続けてきた僕にこの星がくれたご褒美なんだと思います。




 
| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 18:27 | - | - | pookmark |
三宮の神戸牛と元町のミンチコロッケ長田本町筋のお好焼きとハーバーランドのジャムおじさんのパンを食べてきましたぞ
社長(妻)と神戸に行って来ました。
神戸は僕ら夫婦が30年前に住んでいた、いわば第3の故郷

三宮で神戸牛のステーキを食べ
元町ではミンチコロッケを並んで買いました。



その後、大好きな長田の大正筋・六間・本町筋…3つの下町商店街を
ぶらついて、いつもの本町筋のお好み焼き屋さんで
どろソースの効いたお好み焼きと焼きそばをいただきました。

その後ハーバーランドのアンパンマンミュージアムで
ジャムおじさんが焼いてくれたパンをいただきました。



お腹いっぱいです…^^;
自分にご褒美 幸せな瞬間でありました。

2013年頑張って、生きてみましたよ…

この年末
皆さんは、ご自分にご褒美…あげましたか?
| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 22:25 | - | - | pookmark |
ポンタへ
名前はポンタ…一緒に暮らしたのは1日
ポンタという名は僕がつけました。

ポンタは僕が仕事で外出している間に、一人で息を引き取りました。

ポンタはアトリエの近くの田んぼの中に車の窓からゴミのように投げ捨てられました。
(見たわけではないけど、淡い光を映し出す僕の頭の中の黒いスクリーンに
黒い車の窓から、投げられる様子がかすかに浮かぶので、たぶんそうなんだと思います)

うずくまっているポンタを発見しアトリエに連れて帰りました。
怯えていたポンタは僕に何度もかみつきました。
かみたいだけかませてあげました。
ミルクとご飯を上げると
ポンタはほっとしたのか、グルグルと喉を鳴らして、甘えながら
僕のお腹の上で一眠りしました。
小さなポンタはとても暖かく、小刻みな心臓の鼓動が伝わってきました。

命は美しい…生きようとする力はTAISETU


どうした?何があった?そう尋ねると
とても悲しいポンタの思いが伝わってきました。

「もう大丈夫…安心しな」といいました。

次の朝、ポンタは健康そうな大きなウンコをしました。
ご飯も食べました。
甘えて、喉を鳴らして、僕にしがみついてきました。

まさか、僕が家を空けている間に様態が急変するなんて

何で、気づいてあげられなかったんでしょうか…

すぐに病院に連れていっていればと、僕は今、自分を責めています。

ポンタは冷たくなって硬くなって動かなくなっていました。

「ポンタ お前 よく頑張ったね…偉いね」

「ごめんよ」おしっこだらけになって固まって冷たくなったポンタを

抱き寄せると、2回「グーグー」とポンタは僕に声を聞かせてくれました。

抱きしめた時に、小さな肺の中に残っていた空気が声帯を震わせながら漏れ出た音なのでしょう…

でも、その声はポンタの甘え声そのものでした。

何を僕に伝えたかったんだろう?

僕の為に、最後に取っておいてくれた声なのかな…

声を聞かせてくれて「ありがとう」といいました。

お前は捨てられたけど…僕が拾ったから、もう捨て猫じゃないよと

言いました。

抱きしめて、「お前は可愛いよ」と言いました。

社長(妻)はぼろぼろと泣きました。

僕もいっぱい泣きました…



その夜のうちに、ポンタを土に埋めて埋葬しました。

掘った穴の底に、ポンタを置いて、土になじむように少し上からおさえると

ポンタは「グー」っと甘えた声で最後のお別れを言ってくれました。

僕が中途半端に助けたから、ポンタを救うことが出来ませんでした。

全力じゃないと大切なものは 守れないんだと知りました。

やるせない… 悲しい  悔しい

ポンタに会いたい

「一期一会」ポンタのことは忘れません。




僕ら夫婦が、ポンタへの思いを胸に抱えて生きていたら

きっとまた会える…僕の心の声は、そう言っています。

ポンタへ…ありがとうを込めて


 
| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 10:40 | - | - | pookmark |
18号台風 直撃 

地球は確かに生きています!
暴風が吹き荒れる度に 地球の命の圧倒的な力に
感動します!^^;

アトリエのある愛知県安城市では
真夜中12時くらいから嵐がはじまり
10時間が過ぎようとしていますが、雨風共にやっと弱まってきました。

愛知県のこの地域はもしかして台風の通り道なのかな?
移住してきてから、ほぼ毎年台風が接近したり
台風が真上を通ったことも何度もあり
今回の18号も直撃です。

 



窓の外 玄関のアベマキも根こそぎ持って行かれそうな大変な状況です。

この状況の中でも、我が家の社長は寝息を立てて熟睡中…
^^; 

どんな神経してるのでしょうか?

アトリエの挿し木実験中の挿し穂たちは何とか
持っていかれずに持ちこたえましたが、

苗木畑の挿し木の穂たちが強風に飛ばされていないか
とても心配です。

これから台風の進路にあたる地域の皆様は
お早目の対応をして、念には念を入れてはやめに行動して
安全を確保していただきたいと思います。




| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 09:35 | - | - | pookmark |
嵐を超えた優しい顔

月曜日(19日)からは、愛知県安城市で日常の生活に戻ります。

社長の実家から、防風林を抜ける階段を35メートル下ると
全国的にもサーフィンで有名な、四万十市●●ビーチが眼の前に広がります。

サーフィンスポットを数百メートル離れると
真夏でも24時間 誰も来ない超穴場のビーチが広がります。

ゴォーっと…海の波と風の音しか聞こえないのどかなこの場所は
漂着物のゴミが増えたけど 基本的には子供の頃から変わらない
奇跡の風景が広がっています。



そのビーチから、LSAとエコテラ自然教室で使う
流木をもらって来ました。
(今年の奥三河湖のエコテラ教室でストックしていた流木を使い切ったので)

眼の前の流木は、四万十の上流から流れてきたものもありますが、
黒潮に乗って太平洋を長い旅の末この砂浜にたどり着いたものも多いと思います。

流木だけではなく、遠い外国から流れ着いた瓶やゴミなど
色々なものが、この砂浜には打ち上げられています。

その中でこの子に出会いました

間の抜けたおっとり顔だけど
激しい波にもまれ 塗装はすり減り 砂浜でこの子と目が会った瞬間
思わず拾い上げていました。



こんにちは!初めまして ^^;

長旅ご苦労様でした。

凪いだときには ぷかぷかと浮かんで、カモメの声を聴き

時には嵐を乗り越え

いいことも悪いことも 全てを全身に刻んで首元には付着した貝殻

始めはどんな姿のマスコットだったかもわからない姿で

何十年も雨風に打たれ風化したお地蔵様のような

風格がこの子には感じられます。




この子を見ていると何だかホッとしませんか?

ポケットに忍ばせ連れて帰ってしまいました。


能天気な僕にも、波に翻弄されて不安になる時があります。

なすすべもなく流されるがままの時だって…

でも、きっとそれは、全てたどり着くべき場所に到着するために

必要なことかもね…

迷わずしては到達できない場所があり

失敗しながら探さないと見つからない答えがある

何処かの先生のような人から あるいは書物から、先に答えを教えられても

自分が躓きながら見つけなければ、心に届かない真実はある!

いつかたどり着いた時、この子のように

全身に全てを刻み、やさしい顔をしていられたら素敵ですね。

「信じて進んでいいよ」 

暗くて足元が見えなくても「走り抜けてもいいよ」

そう言っておどけた顔で、少し微笑んで背中が押せる

そんな人になれたらいいな

| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 16:48 | - | - | pookmark |
命は描く

四万十に里帰りして3日目

今日は四万十のトンボ公園に行ってきました。

そこで、世界最大の淡水魚ピラルクを見てきました。

 

この写真はピラルクの頭部のアップ

生命が描くアートには圧倒されます。

思わず見入ってしまい、30分ほど水槽の前に釘付けになりました ^^;


三本木の彫刻がこんな風に自然に描けたらいいなー

僕の心と手が もっともっと自然に近づけたら、

いつかこのレベルの彫刻がこなせるようになるんでしょうねー

風のように…

流れのように…

命のアートを描いてみたいなー


| 森兵衛 | 森兵衛のひとりごと | 10:51 | - | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE