心の森

<< LSA09013(近況報告) | main | 小さな細胞 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
笑う原始太陽

年始は4日から、三本木の創作を始めました。
1年の初めに描きたくなるのは、今年も太陽でした。

太陽・・・・元旦の太陽は眩しすぎて目のなかに焼き付けることは不可能でした。
僕の天体をテーマにした作品は多いけど・・・・
太陽は、目ではまぶしすぎて見えません・・・
だから、心で感じた太陽を描きます。

作品として取り出すのは、修行のように苦しく時間がかかります。
1月4日から、作業を開始・・・・連日「もうこれ以上は作業できない」というところまで
削りだして、疲れ切った、その後に自分の中の予備エネルギーで「森の種」を製作します。

今年になって、創作のペースが落ちたのはそのためです。

その太陽の作品、本日22日に完成しました。
作品名は(百笑シリーズ)「笑う太陽」

とんでもない大きな作品で、(高さ、345 横145)写真での公開は、今回はここまで、
洞は、百笑シリーズなので、「笑って」います。
全体像は、「ネハンの四万十」と同様、まだ、見せたくないので・・・・
現時点ではお見せしましぇん^^;
Pサミットや展覧会で見に来てくれた人が見るためにある作品です。


            三本木癸隠娃娃娃院 崗个β斥曄

原始の宇宙、 まだ、生まれて間もない この星(地球)を、照らし続けた
原始太陽の、変わらない優しい光に思いをはせながら、
目には見えないものを、見える形(3次元)に変換してみました。

球体は分離させずに、降り注ぐ光のエネルギーの上に一体となっている
完全な削り出しで1体構造で製作しました。
ちょっとでも、力が入り過ぎると、球体が割れてバラバラになる恐れのある作品でした。
無事に取り出せて、良かったー^^;

本当は在るのだけど、また、心の中には存在するのだけど・・・
そのままでは、見えな物 、聞こえないものを
見せたいですね・・・それは結構しんどい作業だけど・・・・
見えないものを見せる・・・それがアートですから・・・・

GENESIS(創世)」

誰かが言った・・・・
「3000円で買える本がある」
「全てそこに書いてある!」

世界の始り、
1・2・3・4・5・6・7、瞬きのような一瞬だった・・・・

終わりはすでに定められ、
かわりに天国が降ってくる
7まで数える一瞬、ドカンと空から落ちてくる
さあ、いっしょに行こう!
「全てはそこに書いてある?」

知りえる事は、わずかなのに・・・・・

太陽が笑った
1・2・3・4・5・6・7・・・
真実は、
永遠のような長い時間、
誰もいない海の上
パズルのような乱反射が満ちていた

大いなる思いをのせて
真空をさまよう、願いをのせて

太陽は、笑い続けた・・・命じられるままに
世界は、産み落とされ
 育てられたもの

知りえる事は、少しだけ・・・・

太陽は今日も笑っている

(2010年 1月  森兵衛)

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 10:15 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:15 | - | - | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE