心の森

<< 自由 | main | 待っていてほしい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
優しい場所

昨夜は最高の同窓会でした
最後の4次会まで大はしゃぎしました。


今日は四万十最終日
ドラマでもおなじみの、あの砂浜に悪友二人が連れてきてくれました。
お酒は強い方かも?

ぜんぜんへっちゃらです。^^;





ドラマ「遅咲きのヒマワリ」で主人公とヒロインが腰を下ろしていた流木は
上の写真の足元の木だと思います。



流木に腰を下ろして記念撮影です。

ふざけて ドラマのヒロインのセリフを女言葉で言っているところを

僕の悪友が撮影してくれました。

「夢は見つけたんじゃないよ…初めからあったんだよ…目の前に」

子供の頃は 何度も来ていたこの砂浜

いつ来ても 優しい場所です。

四万十の海…大好きです。

何歳になってもここに来ると 心も体も

そのまま 降り注ぐ光や風の中に 溶けていきそうになるんです。

四万十を一つの大きな生き物に例えたら

きっと僕はその細胞の一つなんだと感じます。

ここにいるのが とても自然に思えます。

ワガママで善も悪もバランスよく?両方持ち続け

失敗だらけの僕ですが…

いつも四万十は無言で包み込んでくれるのです。


勇気がわきます… ここに数分いるだけで、

わがままなまま生きてみよう!って思えるのです。


今年50を迎える僕の悪友の 和彦がつぶやきました…

なーべーよ(僕はここではべーとか、べっさんと呼ばれています)

「俺、会社辞める」

ここにいたら素直な気持ちになれます。

僕は言いました

「辞めれ辞めれ お前が本気で辞めたいと思うなら 辞めてもええぞ!

お前の一回きりの人生じゃいか…

お前が思うように 生きてみれ」

それは 僕自身にも投げかけた言葉なんです。

本当はそれでいいんだと思います。

人生に正解は沢山あると思うし、

その中の一つを選ぶだけ…自分にも人にも優しくなれる方を

選び取れば きっと自分の正解を出せると思う。


四万十世界は、理窟を抜きで

本能的にそれを感じさせてくれるんです。

自然は いいも悪いもそのまま包み込んでくれる

ここは優しい場所


| 森兵衛 | その他 | 10:10 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:10 | - | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE