心の森

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
手を繋ぐこと


手を繋ぐこと
とても簡単
繫がり合うことで、
守れる笑顔がある

手を繋ぐこと
一番簡単なことだけど・・・・
それは
一人では出来ない

(森兵衛)

 
三本木癸娃坑横娃供”款弌覆弔覆目)

僕はね・・・
今までの自分を振り返ると、それだけで「ゾッと」する時があります。
多くの人の心を傷つけて来たと思います。
多くの大切なものを消してきたと思うのです。
おろかだったね・・・僕は

何故、あの時、笑っていられなかったんだろう?
「ごめんね」と言えばよかった・・・・
自分が痛い時は、人を思いやってやれなかったり・・・・
みんな、大切だったのに・・・・

何故、僕は急いでいたんだろう?
焦っていたんだろう?

人の気持ちをくめないほどに、
余裕が無い自分は・・嫌ですね・・・

せめて、これからは出来るだけ出会う人に
自分に余裕が無い時にこそ・・・
勇気をあげられる人になりたいと思う

(なれたらいいな・・・そんな奴に)
そんなことを考える
今日この頃・・・・

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 09:36 | - | - | pookmark |
一片の光をつなぎ合わせる

ほら、
ひとつ
笑っている
一片の葉の上で

一人が
ひとつだけ

握り締めてよ

ただ、それだけ

とても簡単

人の数だけ笑顔が満ちる

青い星の上

笑顔がいっぱい

(2009年10月森兵衛)




三本木癸娃坑横娃魁”款弌憤貶劼慮)


百笑のシリーズは、ファミリー・里親・コレクターの必須アイテムです。 ^_^
森の中では、全ての命が輝き役割を果たします。 
百笑はそんな過去の森と
これから僕らが大切に育てていく、未来の森の命の輝きを
笑顔という形で、描いています。
百笑シリーズの里親様は、Pサミットや各地でのイベントやプチ展覧会には、必ず
お手元の百笑を持ってきてください。
開場では森の笑顔をつなぎ合わせていくこと・・・
パズルのように・・・・・出来るだけ大きく繋いで行きます。

だから、百笑の創作アートは終わらない・・・・
僕と、里親でいつまでもつなげていく
沢山の小さいが集まった
大きな一つの笑顔になる・・・・

青い星が、命のコロニー(生きた森)に覆われること
森が、温暖化や環境問題という、全ての命の問題を
止めてくれる・・・・・

僕ら人間はこの星の主人公じゃない
邪魔を止めるだけ
お手伝いをするだけ

森は、この問題を終わらせてくれる

不可能だと思いますか?・・・・
「森兵衛は現実を知らないから、そんなことが言える」と、思いますか?
問題が大きすぎると・・・僕らは小さいと・・・・
その通りです・・・
僕らは弱い

だからこそ、一番簡単な事を始めるのです。
それは、イメージを変えること

ジョンレノン先生&オノヨーコ先生の「イマジン」のように・・・・
まず、「そう思ってみること、想像してみる事」それは、
いつしか、強い願いとなり、 祈りとなり、行動となり、確信となり、
必ず現実の形を生み出します。 
豊かな森 命の森 僕らの帰るべきHOME

50年先・・・僕らが人生を終えて後、
それは必ず地球の上に存在している

その時、大きな空の下、
僕らの子供達が笑っている・・・・


僕は、そう信じています。 



| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 08:42 | - | - | pookmark |
使徒∞オリジナルサイズの公開!


じゃ〜ん
使徒:∞はミニチュアから完成した作品でしたが、
オリジナルサイズの方も無事完成!

頭の中から、取り出せてすっきりしました!



実は、この作品、今年の1月に製作した 「もりたね」癸娃坑娃隠靴世辰燭鵑世韻
里親でシミュレーターでファミリーの中谷さんから、
IN堺の時に「アート加工に変更してね」と依頼を頂き

受け取ってしばらく、眺めていたのですが、
背中の曲がりのコブに「何か入ってるぞ・・・」と気付きました。
早速掘り出してみると、立派で「元気な森の心臓が出てきました!

また、前面にも・・・ん〜まだ何か入っている・・・・
その部分を残して、掘り出すと、そこには森の命の循環の様子が
簡単な、グルグルの図案のように・・・・その部分に
落ち葉の舞う様子を刻みました。



(中谷さんも、このもりたねを眺めて・・・きっと何か入っているぞ・・・・
森兵衛ちゃんに、再度彫らせると、「何か出てくる」と思ったのでしょうね。

まる4日間かけて掘り出してみると
ゼリー穴も撤去され
何と、使徒:∞のオリジナルサイズの作品になりました。


●作品名は「使徒∞(どっくん ぐるぐる)」

いい作品に仕上がったので、
皆さんにも今回は、お披露目です!(^^)


根から、枝まで、命の象徴である落ち葉が循環している
様子を表した、造形は、上から見ると∞をえがいています。
根と枝が全て繫がりあい、ぐるぐると回り続けています。

左側のレンジの深い部分は、もりたねの時の
ゼリー穴の名残です・・・


地面の中には、森の心臓があり、「どっくん」と一回脈打つたびに、
命はぐるぐると、回り続けます。
100年1000年で、1階回る大きな大きな命の循環を
表現してみました。





人生は、いつも急ぎ足だけど、
森には、ゆっくりと流れる命の時間がありますね。

「どっくんと、ぐるぐる」それが、森の本来の姿ですね。

人は、いつも、思いあがって、
「地球を守る」とか
「森を守る」とかいうけど・・・・

人は、この星の命の 「どっくん」と「ぐるぐる」を
止めることは出来ないよね・・・・


この星の自然、
命のどっくんが、止まる前に、
人間の存在の方が、止まっちゃうよね・・・・
(僕の根拠の無い自信はここにある!)

だから、自然の大きな力の前に、
ただ、降参しましょうね。


そして、一緒に、どっくん ぐるぐる と回り続け
繋ぎ合いたいものですね。


心と、心の中にあるピースを繋ぎ合い
思いを繋ぎ合い、大きな命を構成する小さな命として
生きていこう!

命を繋ぎ会おう!

この星の美しさに・・・・
心を震わせながら・・・・・

この青い命の星、「地球と呼ばれる僕のマリア」に
機。味錬孱邸。截錬


| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 07:57 | - | - | pookmark |
リトルパンゲア作品で使徒作品紹介7
 

●僕は、いつも自問自答します。

僕は、タネになりきることができるだろうか?

種になる事は、1番難しいことかもしれない

種は小さい、そして、必要最小限の構成

えばることも無い

自分の名さえ名乗らない

明日芽生えることを信じて地面に落ちる・・・・

落っこちたその先に

未来があると信じている

種は教えてくれる

「小さくなくては、出来ないことがあるよ」

「小さくなくては、何も出来ないよ」


種は
誰も見ていなくても、評価してくれなくても、

さらさら、気にならない

そんなことには、興味も無い

進んで地面に落ちる

それでいい  と 本気で思っている

だからこそ、確実に芽を出す。

必ず、そこから始まる・・・

とても小さい・・・だからこそ、森は

この小さな種に、未来の全てを託す・・・・

もし、・・・・

もしも、みんなが、種になることが出来たら、

必ず、そこから、未来は始まる・・・・

未来は確実に変わる


人は、大きいことが好き

欲がある・・・だから、

種になるのは難しい・・・

すぐに調子に乗ってしまう僕・・・・

種になるのは、難しそうです。


だから、 「種になる」

それが僕の目標・・・・




パンゲア・ライフ・サミット2009の使徒シリーズは、
基本的にネット公開はしていませんので、
リトルパンゲアに代役になってもらて、11人の使徒を紹介しています。

2009での使徒は全部で11体存在し
(12体目がいないことに隠された意味があります)


11体目の使徒を紹介し終わったら、
12体目の使徒の正体をお披露目したいと思います。(^^)

だから、使徒の紹介、最後までお付き合いお願いします。


癸娃坑隠毅亜 .螢肇襯僖鵐殴◆〇氾漫Д織



 

2人目の使徒「 タネ 」

小さくてもいい・・・

一粒の種になればいい

小さくなくては、種になれないのだから

小さな芽を出し繋げばいい 

子供達は明日を受け取り 

未来を育ててくれる・・・きっと育ててくれる

2009年5月  森兵衛


 
| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 22:27 | - | - | pookmark |
リトルパンゲア作品で使徒作品紹介6

リトルパンゲアで、11人の森の使徒を紹介していますが、

この作品は、オリジナルでもリトルでもありません。

突然大きな大きな作品です。
漬物石のように重いので、持ち上げる時はぎっくり腰にご用心です。





癸娃坑隠牽院  〇氾漫Э瓦寮


 

5人目の使徒 「心の声 」



微かな声が、

あなたに届きますように

いちばん大切な声が、

あなたに届きますように

2009年5月  森兵衛


| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 22:14 | - | - | pookmark |
リトルパンゲア作品で使徒作品紹介5

●小さい事はいいことだ!


パンゲア・ライフ・サミット2009の使徒シリーズは、
基本的にネット公開はしていませんので、
リトルパンゲアに代役になってもらて、11人の使徒を紹介しています。

2009での使徒は全部で11体存在し
(12体目がいないことに隠された意味があります)
そのうちの数体は、Pサミット2009以前にネットで公開したものがあります。

その作品に関しては、リトルパンゲアではなく、
オリジナル作品とオリジナルメッセージを紹介したいと思います。


この8番目の使徒:小さな手もオリジナルをお見せします。


「小さい事、」「弱い事」は悪いことじゃない、
どうせ、小さいから、どうせ弱いから、何も成しえないといって
何もしようとしないことが悲しいことなんだ・・・・
たとえ小さな手であっても、
それを動かす力がある・・・・それは、この星から、
全ての人に、一人に一つ与えられている・・・・・
それが、わかったから、この作品を創作しました。
丸い地球玉はそれを表現しています。


●「僕は思いあがり、調子に乗っていた・・・・」でも、
自分を真っ直ぐ直視した時、
僕はあまりにも、小さな存在でした・・・・・

たった2〜3回、執筆しただけで、
気付いたら、小さな丘の上に立っていたような気がします。

僕はその丘を、まるで、富士山の頂上のように勘違いしていたようです。
いきり立ち・・・・多くの人の力に支えられて、立っていることを忘れそうに
なっていたのかもしれません。

簡単に登れ切れた場所は、山頂じゃない・・・
それは、小高い丘に過ぎません・・・

今年は、緑のDNAバンクを立ち上げたき念すべき年なんですが、
僕、森兵衛、今年ほど、自分の手の力のなさを痛感した年はありませんでした。

多くの方が、「無謀だ、無計画だ」といい
「何故、大きな力に巻かれてから、始めようとしない・・・・
世の中では、ラベルこそが、頼りになるのに・・・・

何故、丸腰で、一人で立ち向かおうとするの?」と
「あんた、一人じゃ絶対に無理!」と
数名の傍観者(評論家、ご意見番)は去っていきました。


だから、何も言わずに、
ただ、信じて、一緒に草をむしってくれる
お父さん達・・・

「ありがとう」言葉だけじゃ伝えられません・・・・

畑で、苗木を育てながら、・・・
「あ〜俺って小さいな〜 弱いな〜 一人では何も出来ないな〜」て
実感しています。


でも、一人で立ち向かって本当に良かったと思います。
そうしないと、自分の弱さには気付かなかったと思うのです。

(皆さん、何かを成そうとする時、まず、一人でやってみること大切ですよ!
僕はあまりに、弱く情けなかったけど、貴方なら、一人で出来ちゃうかも?
たとえ、出来なくても、そこから、得るものは大きいと思う)

それが解ってよかったです。
自己の弱さ足らなさを実感して、初めて気付けたことがあります。

世の中では、大きなことは、いいことだとされています。
何か大きな力や経済力にまかれたり、
巨大な何かに巻かれたり・・・・
それを願うのがこの世の常・・・・

でも、僕は弱いままで、立ち上がってみて
やってみて、
自分の弱さにひるんで、悩んで、めげそうになって、
畑で苗木の前で、泣きそうになりながら初めて

小さいことの素晴らしさを知りました。

大きな事は、他の小さなものを飲み込んで、消してしまうことがあり、
つなぎあう事は難しいこと

でも、小さな事は、 繋ぎあわせる事が出来るし、
繋いだ分だけ確実に力になるということを知りました。


世界の存在の奇跡は、小さな力が、パズルのように重なり合い
初めて成り立っているということ・・・・知りました。 (^^)

小さな、バクテリアが、土の中で、自分を超えて、思い上がること無く
小さいからこそ、成すべきことをなし、繋いで、
森を育てる、生きた土の巨大な塊、「大地になる」


僕は、無力を知りました。
だから、ここから、始めるとが出来る
小さな手を、繋ぎあう事が出来る
それは、本当に嬉しいことです。


これこそが、今の僕を支えている
そんな思いを形にしたのが、
この作品、使徒:小さな手です。




      三本木癸弌檻娃坑娃検  。姑嵬椶了氾漫‐さな手


「希望」

あなたの手が
小さく無力に思えても
命の数だけ蒔かれた希望の種は
あなたの手にも
託されています。

小さなことを成そう
小さな手で

そして、
みんなで繋げていこう

希望は
そこから生まれる

(2009年1月 森兵衛)


| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 08:23 | - | - | pookmark |
リトルパンゲア作品で使徒作品紹介4



 
ついに完成!
思いの全てと、自然からもらった限りない哀れみを僕なりに、
この作品に込めてみました。

故郷の木々に感謝を込めて・・・・・

羽を持って生まれる事は、苦しいことだったりする
抜け落ちていくその先に残った傷ついた自分の手を見て・・・・

飛べなくなって初めて、気付く・・・・「ニンゲンなんだ」と

もう飛べないことを、愛する人(マリア)の前で「ごめんなさい」としか言えない
その時に、

マリアは、このぶざまな男に、
「それでも、あなたが必要」と静かに告げます。

これが、地球が僕らに注いでくれる思い・・・・
「それでも必要とする」という究極の愛情・・・・

僕ら人間は、地球のガン細胞なんかじゃない
みんな、母なる地球「マリア」の子供なんです。

あなたなら・・・もし、マリアから、「あなたが必要」そう言われたら



何と答えますか?





               三本木作品癸娃坑隠沓院.螢肇襯僖鵐殴■横娃娃后 峪氾漫Д縫鵐殴鵝

※メッセージは入り込みすぎています・・・
興味の無い方は読まないでください。
まず、初めの3行を読んで
ご自分の中に近いピースを感じる人は、最後まで読んでみてください。
ピースが遠い方にとっては、少々退屈な内容となっています。


(マリアに)

背中の痛みは癒えることが無い

「もう飛べない・・・ごめんなさい」
泥まみれの男は、子供のように泣きじゃくった・・・

痛みに震えながら言った

あなたに、美しいものを手渡したかった
つかめるいっぱいの色とりどりの光を
後ろ手に隠し持っていた

いつもそう
見つかると奪われてしまう
TAISETUなんだ、あの人にあげるんだ・・・・

泣いて懇願しても、奪われてしまう

力の限り握りしめても、光は手から、
すり抜けていった

だから、
泥まみれの男は心の中で泣いている


背中に触れる暖かい手
マリアが言った

「飛べなくなったね(^^)・・・・・・」でも、


あなたの心が私には届いています。

大丈夫、泣かないで

ほら、・・・・
あなたの手の中に

まだ一つだけ残っている


一番小さいけど一番きれい

「私は、それが欲しかったの」

本気で守りたいのなら

後ろ手に隠すのを止めなさい

大切な光を
両手であなたの前に掲げなさい

全ての人に、その光が、届きますように・・・


マリアは、言った

忘れないで
夢は一つだけ叶うもの・・・
あなたの最後の夢は、

私が
叶えてあげる

2009年8月14日  森兵衛

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 12:26 | - | - | pookmark |
リトルパンゲア作品で使徒作品紹介4の予告編

みなさん、本日 使徒:ニンゲンのリトルパンゲア作品が完成しました。
すぐにお披露目したかったのですが・・・・

オリジナルよりも、さらに深いところにリンクした作品になって完成したので、
オリジナルをさらに発展させた、メッセージがリンクしています。


だから、そのままいきなりで、紹介しても
チンプンカンプンになるといいけないので、
今日はリトルパンゲア 使徒:ニンゲン の紹介の予告編として、
未公開作品、 Pサミット2009のオリジナル の使徒:ニンゲンを
チョイ見せして、 そのメッセージも掲載したいと思います。


●写真の作品の解説
これは、本来、非公開なので、すごおおお〜く 小さな写真で載せますね・・・・
写真は、オリジナル 使徒:ニンゲン

本来翼を持って生まれた男が、人生の中で、次第に羽を失い飛べなくなった
無様な姿と、壊れかけた器のなかに 、まだ、地球玉がかろうじて、残っている
最後に残った希望を描いているのがオリジナルの使徒:ニンゲン・・・・

無様な姿であっても、その手は小さく弱くても、
それでも、 この星は、その人を必要としてくれている
そんな、闇の中に感じる微かな希望、でも確かな希望を
描いた作品・・・それが、オリジナルの使徒:ニンゲンという作品です。

この作品とセットになっているオリジナルのメッセージは、
今回制作した、リトルパンゲア 使徒:ニンゲンの
メッセージの導入となっているため、その詩も、公開しておきたいと
思います。

リトルパンゲアの使徒:ニンゲンは、
明日、このブログとホームページでで紹介します。



●10人目の使徒「ニンゲン」のオリジナルメッセージ

羽が抜け落ちていく


少しずつ飛べなくなる恐怖に耐え切れず


最後は自分で抜き取った


「痛い」を感じた


でも、知った
足で這い回り見つけるものがあると


壊れる事は悲しいこと

でも、あなたはまだ、

ここにいてくれる


小さなパズルのような地球の欠片が

僕という壊れた器の中に

留まっている


ニンゲンは心で高く飛べる

羽根よりも、もっと

高く飛べる




明日、8月14日 リトルパンゲア 使徒:ニンゲン
公開します・・・・お楽しみに!


| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 00:17 | - | - | pookmark |
リトルパンゲア作品で使徒作品紹介3

実はパンゲアライフサミット2009では、
お披露目できなかった、使徒作品が数作品が存在します。

頭の中では閃いていながら、2009の展示には、
間に合わなかった作品たちがあるのです・・・・・

それは、現段階では僕の頭の中に画像として、存在しています。
ただ今、じっくりイメージを練り上げて
ゆっくり確実に、頭の中から取り出しています。

先日ホームページで紹介した 新作(新キャラクター)使徒:百笑も
そんな作品の一つです。

そして、今日、またまた、新たな新作品が完成しましたので、
ご紹介しましょうね。(^^)

この作品、リトルパンゲアから、先に完成しました。
(順序が逆ですが、原寸大の作品は、ただ今どうしても製作する時間が取れません)

このミニチュア作品、すでに創作時間は2日を超えています。



それでは、ご覧ください・・・・
三本木癸娃坑隠僑掘.潺縫船絅∈酩福。横庁
高さ、80ミリ 横幅60ミリ 洞の中には、念のために40ミリが住みつけるようにしています。

作品名は・・・
使徒: ∞(システム)・・・です。
「シト・・・ムゲンダイと書いて、・・・
シト・・・システム  と読みます。




写真では解りにくいですが、かなり複雑な造形で、

ぐるぐると円形を描いて立ち上がり横たわり、土を介して、ぐるぐると
回っている、木を描いています。

この木は、しっかりとした根を張り、中央部には洞まで付いていますし、
小枝まで付いています。

大きな特徴は何処から何処までが根なのか枝なのか解らないデザインで、
螺旋を描きながら、根も枝も全てが繫がっています。
(写真ではその緻密な細工とメッセージが伝わらないのが残念です)

では、根元から、写真を順番に並べていきます。




中央部には洞と小枝が付いています。



枝先まで螺旋を描き、最終的に、再び根につながり、
生きると死が順番に繫がりあう造形で、

一瞬の生をつなぎ合う、永遠を表しています。


●「使徒∞ 」 の創作の背景

この造形は、僕の頭の中にこびりついている
一つの映像から、生まれています。

これが、僕森兵衛の心の森です。
生きている森には、この ぐるぐると回り、循環し続ける
命のぐるりが、無数に存在しています。
「これが、命の形です」
(かなり前に、昆虫フィールドという本に、三本木「命の形」という
半円形の作品を掲載しましたが、その地上部だけではなく
地下部の造形も同時に描いたものになっています)


この造形を描く元となった画像は、10年近い昔
今の仕事を始めたばかりの頃、
僕一人で、滋賀県のある田舎町に仕事で出かけた時のことでした。

朝早く、田舎町の駅に到着し、しばらく空き時間があったので、
駅のロータリーの前にあるベンチに腰を下ろして、
目の前の地面に落ちている1枚のもみじの葉をみて・・・
「なんて綺麗なんだろう・・・」そう思い

手を伸ばし、その落ち葉を拾い上げた瞬間
僕の頭の中に、その映像は浮かびました。



妄想癖のある僕ですが、この時のビジョンは妄想というには
あまりにもリアルで、一瞬僕の心はその映像に
飲み込まれてしまいました。


それは、生きている森の映像です。
その森の木々はみんな古木で、どれも、蛇のように曲がった大きな根を
地面いっぱいに張っています。

空からは、赤や黄色や色とりどりの落ち葉が大量に舞い降り、
地面は大量の落ち葉を受け取り、所々がまるで、生きているように
うごめき、対流するように、落ち葉を地面のなかに
取り込んでいきます。

木々の曲がりくねった大きな根がまるで、脈を打つように、地面から
その落ち葉を再び吸い上げて、木々の体に取り込み、
(土の中も幹の中も、透明であるかのように、その中に吸い上げられる
大量の落ち葉が循環していくのが、目視できました)
そして、そのまま、再び落ち葉になって枝先から、舞い降りて来ます。

それは、100年1000年の時を
高速度カメラで撮影し、再生しているように
大きな森全体の命のうねるような循環になって
目の前で、森全体が生き物のように回り続けていました。

ほんの短い時間の僕の頭の中での映像ですが・・・・

理屈や言葉ではなく・・・・
「解る」という経験でした。

「森って ぐるぐるなんだ・・・永遠につながる∞のシステムなんだ!」って解りました。

森は生きている・・・・
生きている森では、死は自然に訪れ、その命は新たな生に繫がれて
いつまでも循環している・・・・

それは、本当に美しいビジョンでした。
それ以来、僕にとって 森は常にぐるぐると回るもの
本当の森には、無数のぐるぐるの木が立っている・・・


生きている森が出来る事が
僕の夢です・・・

ぐるぐる回っている森が増えると嬉しいですね。(^^)

巷では、本物の森とは・・・どういうものかという課題が
論じられ、あーでもない こーでもないと あれこれ定義が設けられています・・・・

でもね・・・・自然を、言葉や知識・・・頭では理解するのは困難ですね。
僕にとって、森とは、単純に
ぐるぐると回り続けているもの・・だと認識しています。

このイメージをいつか、三本木という1本の木として描いてみたいと
思っていました。

時を経て、今日この作品となって完成しました。
いつまでも眺めていたい


いい作品に仕上がりました。


イメージ通りに仕上って

満足満足! ^_^





| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 00:19 | - | - | pookmark |
リトルパンゲア作品で使徒作品紹介2
 

皆さん、ご存知のように、 パンゲア・ライフ・サミット2009の使徒作品の中には、
展覧会と出版物以外での一般公開をしない作品がありますよね・・・
「セカイヘ・ネハンの四万十・ヨウカイ・ニンゲン・マリア・復活の主権者」
の6作品は公開をしません・・・

その代わりに、リトルパンゲアとして、リメイクされた作品はオリジナルの様子を
色濃く移植しているので、 リトルパンゲアで、使徒を紹介したいと思います。



また、僕のアート部門の作品には、創作時に心に落ちてくる思いや画像を
簡単に文字に変換した、オリジナルの詩がセットになているので、
こちらもこのコーナーでご紹介します。

今日はこの作品です。


リトルパンゲア作品 使徒:ツチ  三本木作品癸娃坑隠僑
ミニチュアS 2DK 高さ105  横60

(3人目の使徒:ツチ)

森は遠くにあるものじゃない・・・・

          未来の森はあなたの足の下 
          土の中に無限に広がっている

                 (2009年5月 森兵衛)


 ....................................................................

          

| 森兵衛 | 三本木のECOメッセージ | 23:17 | - | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE